中途採用看護師にお得な情報! 失敗者と成功者には違いがあった!

成功と失敗

中途採用での転職に不安を抱えてはいませんか?「経験年数はあるけど、急性期は初めてだし、ちゃんと指導してもらえるかな…。」「お給料って経験年数考慮してくれるのかな?まさか新卒の基本給からじゃないよね?」

あなたが不安に思うのは当然です。

でも大丈夫!中途採用の転職で大切なことは、まず中途採用で失敗する看護師と成功する看護師の違いを知ることです。このポイント抑えるだけで、「中途採用の転職だって怖くない!」と思えるでしょう。

この記事ではそのポイントのご紹介と、最後にはあなたが確実に不安を解消して転職できる方法についてのお得な情報もお伝えします!

中途採用時には3つのズレに『ハマる人』と『ハマらない人』がいる

中途採用で失敗する看護師と成功する看護師に大きな違いがあるのは、あなたが3つのズレにハマってしまう人かハマらない人かが関係しています。

  1. 中途採用時の3つのズレにハマる人とは
  2. 中途採用時の3つのズレにハマらない人とは

中途採用時の3つのズレにハマる人とは

中途採用の看護師と採用側の病院や施設の考え方にズレが生じる可能性は、大いに考えられます。

経験年数にかかわらず、自分の考えよりも採用側の考えのほうが過大評価であるケースや、逆に過小評価であるケースです。

そのズレが大きくても、求人を吟味することを面倒に感じたり、「この求人は条件が良い!」と思い込むことで気づかずに入職した場合、結果としてさまざまな悩みを抱えることになります。

そういうタイプの人は『転職に失敗する看護師=3つのズレにハマる人』といえるでしょう。

中途採用時の3つのズレにハマらない人とは

そのズレが小さくても、求人を吟味することを面倒に感じず、また条件の良さだけに左右されることなく、「この仕事は初めての分野だし、仕事を覚えるのに時間がかかりそう。中途採用の自分には向いていないな。」など、転職先をよく調べた上でズレのないところへ転職するため、悩みを抱えることがありません。

そういうタイプの人は『転職に成功する看護師=3つのズレにハマらない人』といえるでしょう。

中途採用者と採用側の『3つのズレ』があなたを悩ませる!

3つのズレとは

  • 即戦力のズレ
  • 教育のズレ
  • 経験加算・昇給のズレ

の3つです。どういうことか詳しく見ていきます。

  1. あなたが考える即戦力と採用側の考える即戦力のズレ
  2. あなたが考える教育と採用側の考える教育のズレ
  3. あなたが考える経験加算・昇給と採用側の考える経験加算・昇給のズレ
  4. 大学病院だけは事情が違う!大学病院では中途採用が少ない?

あなたが考える即戦力と採用側の考える即戦力のズレ

基本的に中途採用は人手不足の解消や欠員募集の目的があります。ですから中途採用看護師に求められるのは『即戦力』です。新卒看護師のように人手を割いての教育が不要で、基本的な知識や看護技術は身についていると見込まれています。

新卒看護師の場合、それぞれの能力を慎重に分析しますが、中途採用者の場合は「タイプは皆だいたい同じで、基本的な仕事はできるはず!」と一括りに考えて過大評価してしまうケースが多いです

しかし中途採用といっても、新しい職場で働くという意味では新人と同じですよね?

「中途採用といっても、まだ経験年数が5年以内なんだけどな。」「この診療科は経験がないし…。」と不安を抱えている人にとっては、能力以上の仕事を割り振られるのは非常に辛いことでしょう。即戦力といっても、「能力に見合った仕事を割り振って欲しい。」という中途採用看護師は多いといえます

また一方で「私には環境適応力がある!」「この診療科は前にも経験があるし得意分野!」と自信を持っている中途採用看護師であっても、『新人なんだからこの仕事はまだ任せられない』と過小評価されることで、「能力に見合った仕事を割り振って欲しい!」「仕事内容が物足りない。」など採用側とのズレを感じているケースもあります。

即戦力のズレから生じる悩み

<過大評価の場合>

  • 「新しい職場なんだから、そんなに早く即戦力を求めないで欲しい。」
  • 「夜勤に入るのが早すぎる!」
  • 「リーダー業務なんてまだ早い!」

<過小評価の場合>

  • 「もっと仕事を評価して欲しい!」
  • 「早く新しい役割が欲しい。」
  • 「すぐにでも夜勤がしたい!」

あなたが考える教育と採用側の考える教育のズレ

新卒看護師の場合、基本的な教育プログラムは日本看護協会でガイドラインがあるため、全国共通の教育を受けることが可能です。しかし中途採用の場合、教育体制は転職先によってバラバラで、十分な教育を受けることができません

しかし経験年数が浅かったり、ブランクがあったり、診療科が未経験であるために不安を感じている人にとっては、まだまだ教育体制のフォローが欲しいですよね?採用側の中途採用者に対する『見込み(過大評価)』が、あなたの考える教育とのズレを感じさせる原因となっています。

また一方で「どんな仕事もオールOK!」と自信を持っている中途採用看護師にとっては、入職時のオリエンテーションや病院によって行われる研修(過小評価)に「私にはこんな基本的な教育は要らないのに!」ともどかしさを感じているケースもあるでしょう。

教育のズレから生じる悩み

<過大評価の場合>

  • 「中途採用とはいっても、初めての診療科だし、もっと丁寧に指導して欲しい。」
  • 「中途採用者ってこんなに研修ないの?」
  • 「いきなり一人で夜勤なの?誰もフォローがつかないなんて不安。」

<過小評価の場合>

  • 「オリエンテーションも研修もいらないから、早く仕事がしたい!」
  • 「プリセプターなんて私にはつける必要ないのに。」

あなたが考える経験加算・昇給と採用側の考える経験加算・昇給のズレ

経験年数を重ねると、昇給することで給与が高くなります。当然経験年数が加味されるだろうと転職しても、初めてのお給料(過小評価)に驚いたことはありませんか?「え?なんでこんなに少ないの?」転職後初めての給与では夜勤手当がないことや、前職との基本給との差がこの驚きの要因です。

また日本看護協会の調査によると、「中途採用者の賃金処遇は看護師の経験年数を全て評価する」と回答した病院と「経験の一部を評価する」と回答した病院は約50%ずつです。また「全く評価しない」と回答した病院も約2%ありました。

そしてあなたと採用側に大きなズレを生じさせる原因が、意外と知られていませんが、多くの病院で指標になっている『中途採用者の経験年数加算や昇給のルール』です

例えば経験年数10年といっても、『総合病院に10年』勤めていたのと、『総合病院5年+クリニック5年のトータル10年』で勤めていた場合では経験加算が変わってきます。

『総合病院に10年』勤めていた場合

病院経験年数10年×常勤勤務指数1.0×病院勤務指数1.0=経験年数10年

『総合病院5年+クリニック5年のトータル10年』で勤めていた場合

病院経験年数5年×常勤勤務指数1.0×病院勤務指数1.0+クリニック経験年数5年×常勤勤務指数1.0×クリニック勤務指数0.5=経験年数7.5年

クリニックや施設での経験年数は1/2として計算するケースがあるため、あなたの考える経験加算とズレが生じる場合があります。もちろん昇給も経験年数が関わってきますから、「思ったのと違う…。」という中途採用看護師も多いでしょう。

また一方で、採用側が過度な期待を寄せて能力以上の給料を貰うことになった場合(過大評価)、嬉しいもののプレッシャーを感じて仕事がやりにくいといったケースも考えられます。

ズレから生じる悩み

<過小評価の場合>

  • 「経験年数10年なのに、基本給違うんじゃない?」
  • 「前の基本給と全然違う!」
  • 「私は即戦力として働いてるのに!もっと経験年数を考慮して欲しい。」

<過大評価の場合>

  • 「採用側の評価が高くて、前の基本給料よりずっと高いけど、実際こんなにお給料を貰えるほど仕事はできてないな…。」
  • 「自分には期待されるほどのスキルはないけど、できないとは言えない。その分お給料払ってるんだから!と言われてしまったら困るし…。」

大学病院だけは事情が違う!大学病院では中途採用が少ない?

これは補足ですが、3つのズレ以前に中途採用では求人が無いというケースもあります。

中途採用者には子育て世代の看護師も多く、「残業ができない。」「夜勤は少ないほうが良い。」という方も多いでしょう。

しかし大学病院は比較的重症患者様が多いため、どうしても残業が多く、研究や研修に時間を割かれてしまいます。そのため「転職はしたけど続かない。」という看護師も多いです。

ですから時間に余裕がある若い世代や長期で働いてくれる看護師を求める傾向にあり、中途採用が少ないという現状があります

中途採用の3つのズレをなくす、3つのステップ

3つのズレにハマらない人は、次の3つのステップを踏んでいます。

  • 自分の持っているスキルが採用側の求めているスキルと合致しているのか?いないのか?
  • 自分の求める指導水準と採用側で用意している指導水準が合致しているのか?いないのか?
  • 採用側の経験加算が納得のいくものであるのか?ないのか?

こういったことを面倒がらずに、また思い込まずに注意深く分析します。

この3つのステップを踏むことで、中途採用であっても、自分の能力に見合った『仕事内容・教育課程・給与』を手に入れることが可能です。ですから実際に転職してから、「思ったのと違う…。」というズレを感じることがありません。

3つのステップを踏める人は=3つのズレをなくせる人、つまり『転職に成功する人』といえるでしょう。

この方法で3つのズレをなくすことが出来れば、あなたも中途採用の成功者にグッと近づくことができますよ!

自分で中途採用の転職先を見つけるのは不安…そんなあなたは『転職サイト』を利用しよう!

3つのズレをなくす方法がわかっても、自分の性格を考えると、不安に感じていることはありませんか?

  • 面倒くさがり
  • 思い込みの癖がある
  • 注意深さに欠ける

あなたがこれらの性格のどれかに該当したとき、希望の転職先を見極められるか不安になりますよね?

でも心配ご無用!

そんなあなたには転職サイトがおすすめです!

転職サイトはあなたの希望に合わせた条件で、数多くの求人から転職先を探す手助けをしてくれるため、あなたの不安を解決してくれます

中途採用の場合の教育制度や給与事情、どんな看護師を求めているかまで、事前に病院側へリサーチし、あなたの希望する条件で交渉してくれるでしょう。

ですから転職サイトを利用することで、あなたの能力に見合った『仕事内容・教育課程・給与』で希望の転職先に就職することが可能です。

中途採用の転職に不安を感じているなら、これを機に是非『転職サイト』を利用してみてはいかがでしょうか

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる