夜勤専従看護師の隠れたメリット!高い給料と充実したプライベート

気づいてください

夜勤専従看護師って時々聞くけど、お給料はいくらくらい貰えるの?」「夜勤だけって体力的にきついんじゃない?」といった疑問をお持ちではありませんか?

お給料は出勤回数の割に高いです。そして体力的にも精神的にもむしろ楽です。こう聞いて、「え?」と思われたかもしれません。

それでは具体的な金額やなぜ一般看護師よりもむしろ体力的にも精神的にも楽なのか?その理由を詳しくお話ししていきたいと思います。

夜勤専従看護師は月9回の出勤で年収は一般的な看護師と同額!

一般的な看護師の給料や年収の相場は予測できても、「夜勤専従となるとイメージがつかない。」「結局いくらくらい貰えるの?」と現場で働く看護師の中にも疑問を感じる方は多いです。

夜勤専従看護師にも一つルールがあります。それは『1ヶ月で働けるのは144時間まで』ということです。2交代制と考えると1回16時間、1ヶ月9回までの夜勤回数となります。これは診療報酬の入院基本算定要件で決められている『夜勤専従看護師のルール』です。

ですから「夜勤をすればするほどお給料が貰える!」というわけではありません

では実際に夜勤専従看護師の給料と年収の相場についてご紹介しましょう。

  1. 夜勤専従看護師の給料
  2. 夜勤専従常勤看護師の年収

夜勤専従看護師の給料

  1. 非常勤の給料
  2. 常勤の給料

非常勤の給料

働く場所にもよりますが、夜勤専従非常勤看護師の場合、一般的に2交代制の夜勤専従であれば1回2~4万円の給与が支給されます。3交代制であっても準夜勤手当と深夜勤手当を足すと大体同じくらいの給与となります。

つまり1ヶ月に9回の夜勤回数であれば、約30万円前後の給与が見込めるということです。

常勤の給料

夜勤専従常勤看護師の場合では、夜勤手当は1回15000円前後で低めの設定ですが基本給やその他手当により、約30~50万円前後の給与が見込めます。

夜勤専従看護師の『常勤』『非常勤』については詳しく後述します。

夜勤専従常勤看護師の年収

常勤看護師のケースで一般的な看護師と夜勤専従看護師の年収を比較すると、どちらも約520万円前後です。しかし夜勤専従看護師に比べ、一般的な看護師は日勤・夜勤どちらもこなす必要があり、そのぶん休日の数は少ないです。

給与・年収の実態がわかると、1ヶ月に9回の出勤回数で生活費が確保でき、一般的な看護師と同じくらいの年収が臨めるのであれば、プライベートな時間を多く取れる夜勤専従の方がお得な感じがしますね。

夜勤専従看護師は勤務と勤務の間に必ず24時間以上の休日が設けられるので、連休となりやすいです。その時間を自分や家族のために使うことができると考えれば、あなたのプライベートはより充実するといえるでしょう。

夜勤専従看護師も常勤だと非常勤と比べて福利厚生の面で安心!

夜勤専従看護師にも『常勤』と『非常勤』が存在します。まずは二つの違いからご説明します。

  1. 夜勤専従常勤看護師
  2. 夜勤専従非常勤看護師
  3. 一番の違いは保証の差

夜勤専従常勤看護師

常勤の雇用形態は一般的な正社員雇用です。ですから一つの病院で勤務するということです。正社員雇用ですから基本給プラス福利厚生の保証は勿論、有給休暇やボーナスもあります。1ヶ月9回の勤務と考えると週に約2回のペースでコンスタントに働くこととなります。

夜勤専従非常勤看護師

非常勤の雇用形態はアルバイト・パートです。ですから複数の病院で勤務が可能です。契約の場合は『1ヶ月に○○回』といった形態になり、不定期で勤務することになります。非常勤の場合基本給や各種手当はありません。

一番の違いは保証の差

夜勤専従の常勤看護師と非常勤看護師の一番の違いは、なんといっても保証の差です。産休や育休の制度も利用可能なのでライフスタイルの変化にも、退職せずに対応することができます。

また基本給があり夜勤手当もつくということは、高いお給料を貰うことができ、あなたの生活もより潤うことでしょう。

夜勤専従看護師の高収入以外のメリットはライフスタイルの安定!

「お給料が高いことはわかったけど、具体的なメリットって他にはあるの?」と思いませんか?

ここでは夜勤専従看護師のメリットについてご紹介します。

  1. シフトは夜勤のみ!で安定している
  2. 旅行に行きやすい
  3. 勤務する科によっては負担が少ない
  4. 勉強会や委員会への出席が免除される
  5. 人間関係が楽になる
  6. プライベートの充実で仕事に意欲的になれる

シフトは夜勤のみ!で安定している

一般的な看護師は2交代制の場合であれば日勤・夜勤、3交代制の場合であれば日勤・準夜勤・深夜勤の異なる勤務形態で働きます。そのため睡眠時間や食事時間がバラバラでライフスタイルを定着させることが難しいです。

一方夜勤専従看護師は「シフトは夜勤のみ!」のため、ライフスタイルが安定します。これがメリットです!

予定が立てやすいため、計画的にスケジュールをこなせることも嬉しいポイントですね。お子さんがいる方なら「夜勤明けに眠い目をこすって、子供の運動会に行く。」なんてことはなくなるでしょう。

旅行に行きやすい

ゴールデンウイークや年末年始など世間が長い休暇を取り旅行に行くシーズン、看護師はというと勿論シフト制の中で働いています。病院や施設によっては夏期休暇3日付与を唱っていることもありますが、基本的に長い休暇は取りづらいのが現状です。

夜勤専従であれば休日も多いため、旅行のプランも立てやすいです。また大型連休や土日を避けることで、旅費を抑えられることも嬉しいポイントですね。

勤務する科によっては負担が少ない

急性期病棟や救命センターでは別ですが慢性期病棟や精神科病棟では夜間の業務が比較的少なく、勤務自体が緩やかな場合があります。入院患者様も夜は眠りますからね。

また医師から新しい指示が出るのは、日勤の場合が多いため『指示受け』が少ないです。医師から新しい指示が出ると、薬の確認や患者様の状態変化の観察、申し送りなど仕事量は一気に増えるため、夜間の『指示受け』があまり出ない科であれば負担が少ないといえるかもしれません。

勉強会や委員会への出席が免除される

これは正直病院によって異なります。しかし夜勤専従看護師であれば免除という病院も多いので、就職する際には確認してみると良いでしょう。勉強会や委員会に出席するとレポートの提出や資料作成など業務外の仕事が増えるため、これが免除となると嬉しいですね。

人間関係が楽になる

突然ですが看護師の退職に多い理由をご存知ですか? 6割がメンタルヘルス不調によるものです。同僚や上司、医師、他職種のスタッフ、患者様やご家族と関わる人が多いぶん、人間関係に悩み精神的な負担を抱える人が増えています。

夜勤専従となると、まず医師、他職種スタッフ、ご家族との関わりが一気に減ります。また同僚も日勤とは違い、限られた人数しかいません。患者様も基本的に夜間は眠っています。

人間関係が煩わしくないというのはメリットの中でも大きいかもしれませんね。

プライベートの充実で仕事に意欲的になれる

夜勤専従看護師にはライフスタイルを充実させるシステムや業務上の負担や精神的な負担を軽減させるものまで、様々なメリットがあることがわかりました。

こうしたメリットが仕事とプライベートとの切り替えをスムーズにしてくれます。

「今日から連休!しっかり遊ぶぞ!」「沢山遊んだし、明日からまた仕事頑張ろう!」とプライベートが充実することで仕事に対して意欲的な自分になることができるでしょう。

夜勤専従看護師のデメリットは病院選びで回避できる

ここまで夜勤専従看護師の魅力的な部分、メリットについてご紹介してきました。しかしメリットがあればデメリットもあります。

ここでは夜勤専従看護師のデメリットとそれを回避するためには「どんな病院を選んだらいいの?」についてご紹介します。

  1. 非常勤だと手元に残るお金が少ない
  2. 勤務する科によっては負担が大きい
  3. 体調管理が難しい
  4. 患者様との関わりが少なく、やりがいを感じにくい
  5. 夜勤専従の求人はまだまだ少ない

非常勤だと手元に残るお金が少ない

夜勤専従看護師はお給料が高いとお話しましたが、非常勤の場合貰ったお給料から健康保険や国民年金、税金などを自分で支払わなくてはなりません。そうなると手元に残るお金は少なくなります

「どんな病院を選んだらいいの?」

お給料を重視するなら、お勧めは夜勤常勤看護師を募集している病院です。福利厚生も確立されており、安定した給与を貰うことができます。

勤務する科によっては負担が大きい

夜勤専従看護師の募集が多い科にはICUや救命センターなど急性期のものが多いです。理由としては患者1人に対し看護師を2名配置するというルールがあるためです。しかし急性期ですから勿論患者様の状態は常に変化していきます。その変化に対応するため、看護師には高いスキルと観察力、判断力が常に求められます。

認知症専門病院の求人も多いですが、認知症の患者様は夜間の徘徊や危険行動もあり観察力が必要です。また高齢者が中心ですから、おむつ交換や2時間ごとの体位交換、経管栄養など業務量も多いです。

油断はできませんし、休憩や仮眠時間が確保できないということも考えられます。

これらは夜勤専従看護師として長く働くには負担が大きいといえます。

「どんな病院を選んだらいいの?」

人気があるのは精神科病棟や亜急性期病棟といって急性期の治療が一段落し、退院に向けた入院をしている患者様が多い病棟です。これらは比較的夜間落ち着いているため、夜勤専従看護師には向いているといえます。

体調管理が難しい

シフトは夜勤のみでライフスタイルが安定しますが、本来人間は夜眠るものです。ベテラン看護師の中にも「何十年夜勤をやっても慣れない。」「どんなに寝てから夜勤に行っても、眠い!」という方は多いです。

日中太陽の光を浴びないことでホルモンバランスが崩れ、体調不良をきたすケースも少なくありません。ですから日中の十分な睡眠時間確保や食事管理など体調管理が大切です。

「どんな病院を選んだらいいの?」

まず夜勤専従を始めるのであれば、精神科病棟や亜急性期病棟がお勧めです。前述にもありますが、これらは比較的夜間落ち着いている病棟ですので、休憩や仮眠時間が確保できます。勤務形態と体調管理に慣れてから、自分に向いている夜勤専門の病院を選びましょう。

患者様との関わりが少なく、やりがいを感じにくい

日勤と比べ、夜間は患者様とのコミュニケーションが希薄になります。ですから人との関わりにやりがいを求める看護師にとっては物足りないかもしれません。

「どんな病院を選んだらいいの?」

お勧めは急性期病棟です。業務は忙しいですが、夜間でも患者様との関わりを持つことができます。また変化する状態に対応するため、医師や他の夜勤スタッフとのコミュニケーションも濃密です。

しかしこれは体力的な負担も大きいため、夜勤専属に慣れた上級者向けといえるでしょう。

夜勤専従の求人はまだまだ少ない

夜勤専従看護師にもデメリットがあり、選ぶ病院によってそれが回避可能な場合があることもわかりました。

しかしそもそも夜勤専従の求人はまだまだ少ないというのが現状です。求人があっても不足した夜勤スタッフの補填のため、非常勤での募集が多いです。

それではどうしたら良いのでしょうか?次にその答えについてお話します。

少ない夜勤専従看護師の求人探しは転職サイトを利用すべし!

夜勤専従看護師のメリットとデメリットを知った上で導き出される答えは、『できれば常勤』『おすすめは精神科病棟や亜急性期病棟』です。しかし答えが出ても、肝心の求人が少ないという問題があります。

そこで利用していただきたいのが、看護師転職サイトです。

転職サイトのコンサルタントは非公開の求人情報や病院とのコネクションを持っています。精神科病棟や亜急性期病棟の夜勤専従の非公開求人を提案してくれます。

また求人に夜勤専従がない病院であっても、直接病院と掛け合うことで、面接が可能になるケースがあります。

あとはあなたが『どのようなデメリットを回避したいのか』自分の希望を明確にしておけばいいだけです。

例えば…

  • 「沢山お給料が欲しい!」→単価の高い病院や雇用形態が『常勤』を中心にした病院
  • 「忙しい病院は嫌!」「夜勤専従は初めて! 体調管理が心配。」→精神科や亜急性期病棟を中心とした負担の少ない病院
  • 「夜勤専属でもやりがいを感じたい!」→急性期を中心としたコミュニケーションを図りやすい病院

といったように、希望を明確にすることで転職コンサルタント側も、紹介する病院を的確に選別することができます。

転職サイトを上手に利用し、希望の条件で働ける夜勤専従看護師を目指しましょう

まとめ

いかがだったでしょうか? 夜間は勤務者の人数も少なく、一人にかかる責任の重さや体への負担があることは否めません。

デメリットがあるからこそ『なるべく高いお給料で、なるべく負担の少ない病院選び』をすることが夜勤専従を長く続けるポイントです。その病院選びに転職サイトを利用することが希望の職場に出会う近道!

少ない勤務日数で高収入である夜勤専従看護師はやはり魅力的です。「自由な時間が多く、お金も沢山貰える!」となると、あなたのプライベートはさらに充実することでしょう。

これを機に夜勤専従看護師になることを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる