看護師のブランク期間って復職に関係ある?大切なのは職場選び!

ブランク期間があって、いざ復職しようと考えると、拭いきれない不安がありますよね。

「復職しても、新しい医療現場についていけなかったらどうしよう…。」

「ブランク期間が長いと、やっぱり順応するのは難しいよな…。」

特にブランク期間が長ければ長いほど、不安はどんどん押し寄せてきますよね。

でも大丈夫!

ブランク期間に関わらず、復職は可能です!

そこで今回は、『看護師のブランク期間』に焦点を当て、職場選びの方法についてご紹介します。

これであなたもブランク期間に対する悩みを解消し、看護師という素晴らしい資格を活かして復職することができるでしょう!

ブランク期間がある看護師の『2つのタイプ』!

ブランク期間がある看護師には、2つのタイプがあります。

  1. Aタイプ:ライフスタイルの変化や家庭の事情で現場を離れたケース
  2. Bタイプ:看護師という仕事自体に悩みを抱えて、自ら現場を離れたケース

Aタイプ:ライフスタイルの変化や家庭の事情で現場を離れたケース

  • 結婚
  • 妊娠、出産
  • 子育て
  • 親の介護

など、ライフスタイルの変化や家庭の事情で現場を離れ、落ち着いた頃を見計らって復職するケースです。

また20代ガムシャラに働き、自分の人生を見直すために、一度現場を離れるという看護師もこちらのAタイプに分類されます。

ただ深刻な悩みを抱えて休職した場合は、次にご紹介するBタイプです。

Aタイプは休職理由が後ろ向きでないぶん、ブランク期間があっても比較的復職しやすいタイプといえるでしょう。

Bタイプ:看護師という仕事自体に悩みを抱えて、自ら現場を離れたケース

  • 急性期看護に自信がない
  • 人間の死が怖い
  • 観察力、判断力、スキルに欠けていると感じる
  • 人間関係に疲れた

など、看護師の仕事自体に悩みを抱え現場を離れたものの、そろそろ復職したいと考えているケースです。

こちらは心の中にわだかまりを抱えているぶん、過去の自分の悪いイメージが払拭できず、復職しずらいタイプといえます。

しかもブランク期間が長くなればなるほど、そのイメージは強固に…。

ブランク期間を乗り越えて復職を決断するには、時間がかかるかもしれませんね。

ではブランク期間のある看護師の復職は難しいのでしょうか?

答えは『NO!』です。

Aタイプであっても、Bタイプであっても、復職はもちろん可能ですから安心して下さいね!

ブランク期間別の看護師にオススメの職場選び!

それでは実際に復職する場合、ブランクはどのくらいの期間があっても問題ないのでしょうか。

正直、復職すること自体にブランクの期間は関係ありません

ブランク1年未満だから問題ない看護師!

ブランク10年以上だからダメな看護師!

というわけではないということです。

ただ、職場選びを間違えないことが大切です。

  1. Aタイプの看護師の場合
  2. Bタイプの看護師の場合
  3. 結論

Aタイプの看護師の場合

 

1年未満

3年未満

5年未満

10年未満

10年以上

急性期病棟

療養型病棟

クリニック

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

介護施設

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

基本的にブランク期間3年未満の看護師であれば、観察力、判断力、スキルに問題がないため、どんな職場への復帰も問題ありません

ブランク期間が5年経ってしまうと、医療業界の進歩は目覚しいものがあるため、復職前の個人の努力が必要です。

療養型病棟は、急性期看護ではないため、比較的復職しやすいですが、看護師の数が少なく、患者層も高齢者がメインになってくるため、体力が必要になってきます。

ブランク期間が10年以上で、いきなり療養病棟に復職してしまうと、体力的にキツすぎる…なんてことになりかねませんので注意が必要です。

クリニックは病棟に比べ、看護師の人数が少ないです。

そのぶん看護師一人一人が責任をもってこなさなくてはならない業務が多くなります。

ブランク期間が10年以上あるからと、いつまでもフォローが必要となれば、業務自体が回らなくなってしまいますから、ある程度の基本的業務ができる看護師が求められるでしょう。

クリニックや介護施設で【〇/】となっているのは、【離職前の経験年数が考慮される】からです。

一般的に離職前3年以上の経験年数があれば、基本的な看護業務や自己判断は可能ですから問題ないでしょう。

しかしまだ経験の浅い看護師の場合、それが難しいケースが多いですよね。

いくら急性期の看護を求められる場面が少ないとはいえ、いざという事態が起きないとは限りません。

そんな時、『経験年数が浅いからできなかった』というのは言い訳にはなりませんから、人数が少ない現場の場合、経験年数に伴う個人のスキルや判断能力がある程度求められるということです。

Bタイプの看護師の場合

 

1年未満

3年未満

5年未満

10年未満

10年以上

急性期病棟

療養型病棟

クリニック

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

介護施設

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

〇/△

先ほどご紹介したAタイプの看護師と明らかに違うのは、急性期病棟への復職です。

急性期病棟は、個人の観察力、判断力、スキル、知識が求められる現場です。

自信がないからと悠長なことは言っていられません。

ですから、まずは急性期の看護が求められにくい療養型病棟への復職がオススメです。

ただ療養型病棟は、看取りの看護が圧倒的に多くなりますから、人間の死に直面したことで自信をなくしてしまった看護師には向いていないでしょう。

クリニックや介護施設で看取りの看護が求められることはほとんどありませんから、そんな看護師にはクリニックや介護施設への復職がオススメです。

またクリニックや介護施設では、人数が少ないぶん、個人の判断能力が求められますから、こちらも自分の判断能力に自信が持てないという理由で離職した看護師にとっては難しい職場になります。

療養型病棟であれば、急性期病棟に比べ、看護師の数は少なくなりますが、一般的にはチーム看護です。

そのぶんフォローをしてくれる同僚の数も多いわけですから、療養型病棟への復職がオススメです。

人間関係の悩みで離職した看護師にとっては、どの職場でも復職には勇気が必要ですよね。

「また人間関係で悩んだらどうしよう…。」

こんな不安がつきまとってしまうのは当然です。

残念ながらどの職場でも、大なり小なり人間関係の悩みは発生するものです。

クリニックや介護施設の場合、人数が少ないぶん、人間関係が良好な職場であれば働きやすくなります。

しかし一方で、人間関係が悪い職場であれば、窮屈な思いをするのは間違いナシ。

ただブランクの年数分、あなたは人生経験を積んでいるということ!

離職前の自分とは考え方や人付き合いの仕方、周りの見方も変わっていますから、同じ結果になるとは限りません。

しかも悩みを抱えた同じ職場に復職するとは考えにくいですから、復職後は以前のあなたを知らない看護師ばかりの職場環境で働くことになります。

つまり、新しいあなたとして復職したら良いということ!

人間関係も一から築けるということですから、以前人間関係で悩んでいた自分とは決別して、自信を持って、なりたい自分を目指せばOK

自信をつけたあなたなら、良い方向に結果が進む可能性を十分に秘めていますよ!

結論

職場選びを間違えなければ、ブランク期間は関係なく復職してOK!

ブランク期間って復職に関係ある?と悩む看護師には、自信が必要!

自分のタイプの分析OK!

ブランク期間を考慮した、職場の選択OK!

「さぁ、いざ復職!」

となると、やっぱりつきまとうのは…

「復職して、本当にうまくやっていけるかな…。」

という不安ですよね。

そんな不安を抱えるあなたには、自信が何より必要です!

  1. 復職前の情報収集と自己学習を徹底する!
  2. フルタイムで働くことに不安がある場合は、パートからの復職!

復職前の情報収集と自己学習を徹底する!

今の看護現場は、昔のように体を使って仕事を覚えるというよりも、アセスメント重視の考え方に移行してきています。

つまり、情報と知識は武器になるということです。

復職後の医療現場は、思ったよりも進歩しているでしょう。

それだけ医療の発展は早いということです。

ただ、そんな進歩した医療現場でも、最新の情報や知識があれば、遅れをとることはありません。

一方で、基本的な看護業務やあなたが持っている看護観をガラっと変える必要があるということではありませんから、安心して大丈夫!

事前の情報収集と自己学習を徹底して、自信を持って復職しましょう。

フルタイムで働くことに不安がある場合は、パートからの復職!

看護師は慢性的な人手不足です。

つまり、働き方も多種多様ということですね。

フルタイムで働くことに不安がある場合は、まずパートから復職し、自信がついてから、自分の働きたい勤務形態で働いたら良いということです。

『ブランク歓迎』という文言を提唱している職場は、案外多いですよ!

ブランク期間って復職に関係ある?と悩む看護師は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

いざ復職しようと思うと、次なる問題が…

「ブランク期間があっても優遇してくれる職場って、実際どこ?」

ということですよね。

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまでの実績からブランク歓迎の職場情報を持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、職場側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

復職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

看護師の良いところは、手に職をつけた時点で、働く場所はたくさんあるということです。

ブランク期間があって、復職に不安を抱く気持ちは当然です。

大切なのは、あなたのタイプやブランク期間に適した職場選びをすること

何も怖がることはありません。

あなたが手にしている看護師という資格を眠らせておくのは、本当に惜しいです。

看護師を必要としている職場はたくさんあります。

また同様に、看護師を必要としている患者様も、世の中にたくさんいます!

これを機に、あなたもブランク期間を乗り越えて復職し、看護師という素晴らしい資格を活かしてみてはいかがでしょうか。

オススメの記事

『ブランク期間って復職に関係ある?』と悩むあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「「人間関係最悪!」忘れてない?看護師の仕事は患者様最優先!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる