看護師の夜勤は小学生の子供がいると無理?打開策は必ずある!

こんにちは!koharuです。今日も一日お疲れ様でした!

看護師の夜勤は小学生の子供がいると大変と感じている方は多いのではないでしょうか。

妊娠・出産を経て、お母さんとなった看護師。

「母親になっても、夜勤をしながらバリバリ働きたい!」

「離婚して、夜勤をせざるを得ない!」

様々な理由で夜勤を続けている、もしくは夜勤を続けたいと望む看護師は多いですよね。

しかし子供が小学生になると、大きな問題が…。

『預ける先がない…。』

こんな現状に、今まさにぶつかっているという方はいませんか?

小学生の子供を抱えながら、夜勤をするのは難しいと感じているのは、決してあなたの勘違いではありませんよ。

そしてその状況から打開できずに悩んでいる看護師も、あなただけではありません。

でも大丈夫!

現状を打開するための、オススメの方法があるんです!

そこで今回は、『小学生の子供を抱えながら夜勤をする看護師』に焦点を当て、打開するための解決策についてご紹介します。

これであなたも悩みが解決し、子育てをしながら素敵な看護師ライフを送ることができるでしょう!

看護師の夜勤は小学生の子どもがいると難しい理由!

『看護師の夜勤は小学生の子供がいると難しいと感じる=実際に夜勤ができずに困っている看護師がいる』ということですよね。

何が起きるかわかわない、このご時世。

ましてや小学生の子供を、夜間一人で家に置くことなんてもってのほか

夜勤中、小学生の子供を預けられなくて困っている看護師の中には…

  • 離婚により、一人で小学生の子供を育てている看護師
  • 夫の帰りが遅く、夜勤をすることで、小学生の子供が一人になる時間ができてしまうという看護師
  • 親戚の中に、小学生の子供を預けられる人がいない看護師

などのケースが考えられます。

中でも、離婚により一人で子育てをしている看護師にとっては死活問題

看護師は離婚率が高いということをご存知でしょうか。

周りの看護師を見ても、離婚をしている女性が多い!という実感がある方も多いでしょう。

  • 経済力がある
  • 気が強い
  • シフト制で時間的なすれ違いが避けられない

これらが看護師の離婚率が高くなる理由です。

離婚をして、一人で小学生のお子さんを抱えながら子育てをしている看護師の中には、経済的な理由から夜勤をしなくてはならないという方も多いでしょう。

しかしお子さんを預けられないとなれば、夜勤ができません。

そんな時、「小学生の子供を抱えながら夜勤をするのは難しい~。」と悩んでしまうわけです。

親戚の中に、子供を預かってくれる人がいなければ、夜勤中預かってくれる施設を見つけるしかありませんよね。

しかし、『小学生』という括りが、大きな壁となります。

その理由は、24時間もしくは深夜まで子供を預かってくれる施設には、『就学前まで』という上限を設けている場合が多いから!

地域によっては、夜間も小学生の子供を預けることができる『学童保育』も存在しますが、非常に少ないのが現状です。

これが、『看護師の夜勤は小学生の子供がいると難しい』といえる理由でしょう。

それでは、小学生の子供がいる看護師は、夜勤に入ることができないのでしょうか?

安心して下さい!

オススメの方法がありますよ!

看護師が小学生の子供がいても夜勤に入る方法!

看護師が小学生の子供がいても夜勤に入る方法の具体例をご紹介しましょう!

  1. ベビーシッターを利用する
  2. 転職コンサルタントを利用する

ベビーシッターを利用する

ベビーシッターは、夜勤中自宅で子供を預けることが可能です。

0歳~小学生までの子供が対象で、環境を変えることなく子供を預けることができるため、安心です。

ただ、ベビーシッターは時間外手当や夜間の割増料金がかかるなど、経済面で大きな負担となる場合がありますので、利用する際は注意が必要です。

転職コンサルタントを利用する

自力で学童保育を行っている施設を見つけようと思うと、膨大な時間と労力がかかりますよね。

しかも気になるポイントが山ほどありませんか?

  • 自宅からの距離
  • 料金
  • 保育士の適性

大切な子供を預けるわけですから、心配は尽きないでしょう。

そんな時は、『転職コンサルタント』に相談するのがオススメ!

転職コンサルタントは、これまでの実績から学童保育を行っている病院の情報を持っています。

あなたの心配事を考慮して、紹介してくれるため、安心して夜勤をすることができるでしょう。

看護師の夜勤は小学生の子どもがいると難しい…そんな時は転職コンサルタントを利用しよう!

看護師が小学生の子供を抱えながら夜勤をしようと思っても、どうしても夜勤に入れない場合がありますよね。

「ベビーシッターの料金が高すぎて、夜勤をする意味がなくなる!」

「私の住んでいる地域では、学童保育をやっている病院がない!」

こんな時は、八方塞がり!

自分でも「どうして良いのかわからない…。」というお気持ちはよくわかりますよ!

そんなあなたにオススメなのは…

『夜勤をせずに日勤のみの仕事をすること!』

「それじゃあ元も子もないんじゃ…。」

と思った方も多いでしょう。

しかし、今は慢性的な人手不足!

日勤のみでも高い給料を貰える病院は、意外とたくさんありますよ。

そして日勤のみで高い給料をゲットできる仕事を探したい看護師にオススメなのも、『転職コンサルタント』

転職コンサルタントは、これまでの実績から日勤のみで高い給料が貰える病院の情報を持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、病院側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

転職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

中学生になり、「子供が夜間一人でも大丈夫!」となってから、また夜勤を始めるという方法も一つの手段ですよ!

結論

  • 学童保育OKの託児所がある病院を探したい看護師
  • 日勤のみで高い給料の仕事を探したい看護師

どちらも、転職コンサルタントを利用しましょう!

小学生の子供を抱えながら夜勤をするとなると、現実的に『預け先』という頭の痛い問題が出てきます。

しかし、転職コンサルタントはあなたの味方!

まだまだ対処法はたくさんあることを忘れないで下さいね。

そして試行錯誤すればするほど、隣の芝生は青く見えるものです。

「あの人は、定時で帰ってくる旦那さんがいてイイな~。」

「あの人は、子供預けられる親戚がいてイイな~。」

「なんで私は、こんなに苦労してるんだろう…。」

でも、お子さんはあなたの一生懸命働く姿を見ていますよ。

きっといつか、「あの時頑張って良かった!」と思える日が来ます。

頼れるものは他人であっても躊躇せず利用し、子育てをしながら素敵な看護師ライフを送ってください!

オススメの記事

小学生の子供がいることで、夜勤が出来ないと悩む看護師にオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「看護師の夜勤なしの仕事は残業少ない!日勤のみで給料が高いことも!

・「クリニックの看護師は高収入を実感できない?あなた次第で好転可能!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職はナース人材バンクにおまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。ナース人材バンクと併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

この記事を書いた人

看護師 koharu

  • 取得資格:看護師
  • 出身:北海道
  • 年齢:36歳
  • 看護師経験:小児科、NICU、産科、婦人科、一般病棟、外来

このサイトの記事を書かせて頂いているkoharuです。看護師免許を取得後、周産期病棟を中心に約10年、その後一般病棟で約3年、外来で約1年の勤務を経験してきました。その間、転職は2回!夫の転勤を機に、現在は退職し、以前から第2の夢であった看護師ライターの仕事をしております。看護師は、今でも子供たちが『白衣の天使』と憧れる職業です。でも、そんな甘い言葉では片付けられない現状がありますよね…。ただ、もちろん素晴らしい職業であることに間違いはナイ!と自信を持っております。約15年の看護師経験の中で得た知識や情報・看護観を、皆様と共有できたら幸いです!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる