看護師の悩みランキングワースト5!状況打破はあなたの行動次第!

こんにちは!koharuです。今日も一日お疲れ様でした!

看護師の悩みランキングを知りたいと思ったことはありませんか?

誰しも仕事上の悩みは抱えるもの。

看護師という特殊な職業では、どんな悩みがランキング上位になるのか、気になるところですよね!

看護師の悩みランキングを知ったあなたが次に望むのは、今の状況を打破する方法ではありませんか?

もちろんその方法、ありますよ!

そこで今回は、『看護師の悩みランキング』に焦点を当て、ランキングワースト5&悩みを打破する方法についてご紹介します!

これであなたも、今の状況を打破!

悩みを解決して、あなたの看護師としての素晴らしさを存分に発揮することができるでしょう。

看護師の悩みランキングを知る前に、違う視点から看護師の悩みを分析!

看護師の悩みをランキング形式でご紹介する前に、ちょっと違う視点から看護師の悩みについて分析してみましょう。

  1. 新人看護師の悩み
  2. 男性看護師の悩み
  3. パート・派遣看護師の悩み
  4. 職場別看護師の悩み

新人看護師の悩み

新人看護師は、何もかもが一からのスタート!

だからこそ悩みも多く、壁にぶつかっても、初めての経験が多いため、乗り越えるためには相当の覚悟が必要になります。

ここで新人看護師が抱える悩みランキングワースト3をご紹介します!

第1位:人間関係がうまくいかない

第2位:看護師として半人前

第3位:命の現場で働く責任とプレッシャーに耐えられない

社会人としてのマナーはもちろんのこと、看護師として命の現場を実感し、嫌でも給料として仕事への対価を得る意味を考えることになります。

社会人として、看護師としての自分の無力さに深く傷つき、立ち上がるまでに時間がかかってしまうという新人看護師は多いでしょう。

中でも最も多い悩みが、人間関係!

  • 先輩看護師
  • 上司
  • 医師
  • 患者様
  • 患者様のご家族

人間関係を意識する場面が多い看護師にとって、この悩みは切っても切り離せない関係にあります。

そんな中、心の支え、手助けになる存在がプリセプターですよね。

プリセプターにとっても、新人看護師は特別な存在です。

心の支えになり、新人看護師を導く役割を担う反面、看護師としても一人前に育てる使命を与えられているわけです。

ですから、指導に力が入ってしまうということもあるでしょう。

ただ傷ついている新人看護師にとっては、一番の心の支えが敵に回ったと感じる時ほど、悩みを増大させるものはありません。

それがまた新たな悩みを生み出してしまう…。

味方が一人もいなくなったと感じてしまった時、そこから抜け出せない新人看護師は多いかもしれませんね。

男性看護師の悩み

男性看護師の数も需要も徐々に増えてきたとはいえ、看護の世界はまだまだ女性が中心

同僚は女性ばかりという男性看護師は、圧倒的に多いのが現状です。

そもそも男性と女性は『脳』の違いによる、考え方の違いがあります。

  • 男性の脳:論理性重視→目的を持った考え方をする
  • 女性の脳:感情重視→共感がモチベーションになる

つまり男性はどちらかというと、仕事に効率性を求めているわけです。

ですから同僚である女性看護師と、意見の相違が生まれるのは当然といえば当然…。

ただ心当たりはあるかもしれませんが、女性は身勝手なものです。

もちろん女性である私自身も実感するところがあります!

自分の意見に賛成はして欲しいけれど、男性には男性らしい考え方や立ち振る舞いをして欲しい…。

だから女性看護師の意見に賛同だけする男性看護師も、常に反対姿勢でいる男性看護師も良く思わない…。

弱すぎるのは嫌だけど、強すぎるのもちょっと…。

自分とはあくまで違う立場の存在であることを、心のどこかで求めているのかもしれません。

男性看護師にとっては、ただただ迷惑な考え方ですよね。

しかも古くから男性看護師を良く思わない風習がある職場では、払拭するのは非常に難しい!

そんな状況にウンザリしてしまう男性看護師は多いでしょう。

パート・派遣看護師の悩み

パートや派遣で働く看護師には、それぞれに事情や考え方がありますよね。

  • 常勤で働きたいけど、家庭の事情があってパートでしか働けない
  • 自分の時間を大切にしたいから、融通のつきやすい派遣で働きたい

など、他にもさまざま!

どちらかというと、パートや派遣で働く看護師の悩みは2極化しているといえます。

1つ目は、働き方は違っても、看護師としての役割や責任は同じようにこなしたいという悩みです。

さまざまな事情があるとしても、同じ看護師であることに変わりはありませんよね。

ただパートや派遣の看護師の場合、時間的制約があったり、職場との契約上、責任ある仕事をさせてもらえない場合があります。

そんな時、「私だって看護師なのに…。」とやりがいのなさや物足りなさを感じてしまうパート・派遣看護師は多いでしょう。

2つ目は、パートや派遣にも関わらず、常勤と同様の仕事をさせられることに不満があるという悩みです。

これは1つ目の悩みとは正反対!

職場によっては、人手不足や風習を理由に、パートや派遣の看護師であっても、時間外や責任ある業務は当たり前という職場があります。

そんな時、働き方に見合っていない業務内容に不満を抱えるパート・派遣看護師は多いといえるでしょう。

職場別看護師の悩み

総合病院や大学病院

総合病院や大学病院など規模の大きな病院の場合、高度な医療を提供しているケースがほとんどです。

新しいこと学びたい場合やスキルアップをしたい場合には、最適の病院です。

しかし看護師の能力はさまざま!

自分の不甲斐なさに、悩みを抱えてしまう看護師は多い職場です。

総合病院や大学病院で働く看護師の悩みランキングワースト3をご紹介します!

第1位:急性期の看護についていけない

第2位:忙しすぎて余裕がない

第3位:体力的についていけない

療養型病院

療養型病院の場合、急性期看護よりは慢性期で看取りの看護が中心です。

若い世代の看護師よりは、ベテラン世代の看護師が多いという特徴があります。

そのため、総合病院や大学病院とは違う内容の悩みを抱える看護師が多くなります。

療養型病院で働く看護師の悩みランキングワースト3をご紹介します!

第1位:看護師の世代間で考え方が違うため、人間関係がうまくいかない

第2位:看護師の人数が少ないため、一人の看護師が受け持つ患者様の数が多い

第3位:看取りの看護が向いていない

クリニック

クリニックの場合、夜勤がなく残業も比較的少ないことから、子供をもつ看護師にとっては働きやすい職場といえます。

しかし一方で、限られた人数で業務を行わなくてはならないという現状があります。

そのため、クリニックで働く看護師ならではの悩みを抱えることになります。

クリニックで働く看護師の悩みランキングワースト3をご紹介します!

第1位:一人にかかる看護業務や責任の負担が大きい

第2位:急な休みの融通がつきにくい

第3位:看護業務以外の雑務が多い

介護施設

介護施設での看護師の主な役割は、利用者様の健康管理ですから、日常のケアは介護士やホームヘルパーが担うため、体力的には余裕のもてる職場です。

しかし看護師と介護士の間では、考え方の違いやプランニングに相違があることで衝突することもシバシバ…。

人間関係の悩みを抱えやすい職場といえるでしょう。

看護師の悩みランキングワースト5!

看護師の悩みをランキング形式でご紹介する前に、ちょっと違う視点から看護師の悩みを分析してみました。

あなたの悩みに該当するものはありましたか?

特殊なケースもあったので、該当しなかったという方も多いかもしれませんね。

それではいよいよ、看護師の悩みランキングワースト5をご紹介しましょう!

  • 5位:有給休暇が取りにくい・休み希望が通らない
  • 4位:給料が安すぎる
  • 3位:やりがいを感じられない
  • 2位:人間関係が辛い
  • 1位:転職しようか迷う

5位:有給休暇が取りにくい・休み希望が通らない

ガムシャラに駆け抜けた新人時代。

有給休暇や休み希望を優先するよりは、早く一人前の看護師として独り立ちすることが目標だったという看護師も多いのではないでしょうか。

そんな新人時代を終え、自分の心に余裕が出てくると、プライベートも充実させたいと思ってしまうのは当然の欲求です。

しかし看護師は慢性的な人手不足!

どこの職場でも看護師の数はギリギリ…。

そんな中、有給休暇が取りにくい雰囲気があったり、中には月の休み希望は○日までと規制がある職場も少なくはありません。

「こんなに働いてるのに、権利である有給も自由に取れないのか!」

「たった二日の休み希望じゃ、近場の旅行にしか行けない!」

など、満足に休みが取れないことで、職場に対する不満が悩みに変わってしまう看護師は多いでしょう。

4位:給料が安すぎる

世間には、看護師の給料は高いというイメージがありますよね。

しかし、実際に働く看護師に間では、仕事が給料に見合っていないと感じている方が多いという現状があります。

看護師の仕事は、俗にいう3K

  • キツイ
  • 汚い
  • 危険

シフト制で年末年始やゴールデンウィークも関係なし!

患者様の排泄のお世話から命の現場まで、その仕事内容は多岐に渡ります。

「それが看護師の仕事でしょ?」の一言では片付けられない状況は、内部の人間にしかわかりませんよね。

そんな状況に、「もっと給料が欲しい!」という悩みが生まれるのは当然です。

しかも実は、看護師の給料は高いともいえないということをご存知でしょうか。

厚生労働省 平成29年賃金構造基本統計調査によると…

  1. 男性看護師の場合
  2. 女性看護師の場合

男性看護師の場合

 

 月額給与

 手取り

20代前半

27万5,200円

約22万円

20代後半

32万2,700円

約26万円

30代前半

34万2,100円

約27万円

30代後半

35万2,700円

約28万円

40代前半

35万4,500円

約28万円

40代後半

37万900円

約30万円

50代前半

38万7,400円

約31万円

50代後半

41万6,500円

約33万円

 

女性看護師の場合

 

 月額給与

 手取り

20代前半

28万4,600円

約23万円

20代後半

31万7,700円

約25万円

30代前半

32万3,600円

約26万円

30代後半

33万1,200円

約26万円

40代前半

34万6,100円

約28万円

40代後半

35万3,600円

約28万円

50代前半

35万9,900円

約29万円

50代後半

31万3,200円

約25万円

 

注目すべきは昇給額!

看護師の昇給率は非常に低いんです!

そのため、最終的には一般企業で働く社会人に追い越されてしまうというのが現実…。

給料が安すぎるという悩みを抱えるのも納得です。

3位:やりがいを感じられない

看護師の仕事は3Kといわれる反面、だからこそのやりがいがあるともいえる仕事です。

  • 患者様が回復したとき
  • 患者様にアリガトウを言われたとき
  • 自分の仕事を評価してもらえたとき

やりがいを感じられる瞬間は、誰にでもありますよね。

しかしそれは、自分の望む状況下においてという条件があります。

看護師の配属先というのは、さまざま!

特に病院勤務の場合、配属先でその状況は大きく変わりますよね。

  • 急性期
  • 慢性期
  • 病棟
  • 外来

など、必ずしも自分の望む部署に配属されない場合があります。

そんな時、自分の能力を思ったように発揮できないというストレスや仕事が楽しくないというストレスを抱え、やりがいを感じられないと悩む看護師は多いといえるでしょう。

2位:人間関係が辛い

先ほど新人看護師の悩みでもご紹介しましたが、看護師は人間関係が重要な職業です。

  • 先輩看護師
  • 上司
  • 医師
  • 患者様
  • 患者様のご家族
  • 他職種の同僚

など、周囲を見渡せば、関わりのある人間ばかり。

しかも看護師は我が強め!

自分の意見とは違う考え方を持った相手とうまくいかず、悩んでしまうケースは非常に多いです。

また昔ながらの指導という名のイジメが存在していたり、世代間の確執があったりと、人間関係の悩みから抜け出せずに悩んでいる看護師が多いといえるでしょう。

1位:転職しようか迷う

転職は悩みから解放される手段であることはわかっているものの、今の仕事を手放す不安や新しい職場に対する不安から、なかなか踏み出せずに悩んでいる看護師は多いでしょう。

確かに…

「今の職場でももう少し頑張ったら、何か変わるかも!」

「新しい職場でも、同じ悩みを抱えたらどうしよう…。」

と考えることで、踏みとどまってしまう気持ちもわかります。

保証がないことほど不安なことはありません!

転職しようか迷うことが看護師の悩みランキング1位になるということは裏を返せば、それだけ現状を変えたいと願う看護師が多いということかもしれませんね。

看護師の悩みを打破するには、転職しよう!

看護師の悩みをランキング形式で確認できたところで、あなたの悩みに該当するものはあったでしょうか?

そして何を感じましたか?

自分と同じように悩んでいる人がいるから大丈夫!

自分の悩みは、『深刻だったor大したことではなかった』と実感した!

確かに、自分以外の看護師との共通点を知ることで、勇気はでるかもしれませんね。

でもそれは、根本解決ではないかも…。

そもそも悩みは誰かと比べるものではなく、あなたにしかわからない痛みであり課題です。

だからこそ乗り越えられるか否かは、あなたの行動次第

実は悩んでいる現状を打破する鍵は、ランキングに隠されているんです!

それは…

『ランキング1位:転職しようか迷う』

看護師の悩みの多くは、『解決できるかわからないor解決に時間がかかる』ものばかりですよね。

確かに転職は覚悟のいること!

でも状況を打破するために、一番の近道であることは確かです。

肩の力を抜いて、もっと楽に考えてみてはいかがでしょうか?

要は、今と同じような悩みを抱えない職場に転職したら良いということです!

例えば…

  • 有給休暇が取れない→有給消化率が良い職場に転職
  • 給料が安すぎる→基本給や手当が今より高い職場に転職
  • 今の診療科ではやりがいを感じられない→希望の診療科に配属してもらえる職場に転職
  • ベテラン世代との確執で人間関係に悩む→同世代の看護師が多い職場に転職

「こんなに都合の良い職場なんてない!」

と思われた方も多いかもしれませんね。

そんなあなたにオススメなのが、『転職コンサルタント』です。

転職コンサルタントは、これまでの実績からあなたの希望に合う職場の情報を持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、職場側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

転職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

誰もが悩みを抱えて仕事をしています。

それはもちろん、看護師に限ったことではありません。

ただ看護師には強みもありますよ!

慢性的な人手不足のため、転職先はたくさんあるということ。

つまりあなたの希望の条件や悩みを解決できる新しい職場も、探せば必ずあるということ!

そして、それを手助けしてくれる転職コンサルタントいう職業が確立されているということ!

この強みを生かさない手はありません。

悩みを乗り越え、状況を打破できるか否かは、あなたの行動次第!

一歩踏み出す勇気です。

あなたの看護師としての素晴らしさを存分に活かせる職場は、次の転職先かもしれませんよ!

結論

  • 悩みを解決するには、転職が近道になる可能性は高い!
  • 悩みを乗り越え、状況を打破できるか否かは、あなたの行動次第!

オススメの記事

と悩むあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「「給料を上げたい」看護師必見!意外な情報ゲットで願いが叶う!

・「「人間関係最悪!」忘れてない?看護師の仕事は患者様最優先!

・「「やりがいを感じない!」と悩む看護師は、もしかして欲張ってない?

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職はナース人材バンクにおまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。ナース人材バンクと併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

この記事を書いた人

看護師 koharu

  • 取得資格:看護師
  • 出身:北海道
  • 年齢:36歳
  • 看護師経験:小児科、NICU、産科、婦人科、一般病棟、外来

このサイトの記事を書かせて頂いているkoharuです。看護師免許を取得後、周産期病棟を中心に約10年、その後一般病棟で約3年、外来で約1年の勤務を経験してきました。その間、転職は2回!夫の転勤を機に、現在は退職し、以前から第2の夢であった看護師ライターの仕事をしております。看護師は、今でも子供たちが『白衣の天使』と憧れる職業です。でも、そんな甘い言葉では片付けられない現状がありますよね…。ただ、もちろん素晴らしい職業であることに間違いはナイ!と自信を持っております。約15年の看護師経験の中で得た知識や情報・看護観を、皆様と共有できたら幸いです!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる