看護師が「貯金できない」4つの理由!ある解決策があなたを救う!

こんにちは!koharuです。今日も一日お疲れ様でした!

ヤメて豚

看護師で「貯金できない」と悩んでいる方も多いと思います。

毎日ハードな看護師の仕事。

命に関わる現場で、気の抜けない毎日。

おまけに夜勤をすると、ライフスタイルがガラっと変わって生活のペースすらつかめない…。

こんな日々を送りながら迎える給料日は、まさに格別!のはずが…

  • 「ハードな割に給料安すぎ!」
  • 「なんだかんだでお金使っちゃう…。今月も貯金できなかった!」
  • 「なんでこんなに頑張ってるのに、お金貯まらないの!」

こんな悩みを抱えるのは、看護師アルアルでしょう。

そこには「貯金できない」と悩む看護師の『4つの理由』がありました!まさにその理由は、どれも看護師の象徴。

  • 「じゃあ一生貯金できない状況から抜けられないの?」
  • 「いつまで貯金できない悩みを抱えながら働けばいいんだろう…。」

こんな思いを抱いたあなた!安心してください。ある解決策が、そんなあなたを救います!

そこで今回は『貯金できない看護師』に焦点を当て、4つの理由とある解決策についてご紹介します。

これであなたも貯金ができ、ハードな毎日の仕事に前向きになることができますよ!

看護師が「貯金できない」4つの理由!

看護師が「貯金できない」と悩む理由は、どれも看護師の象徴といえるもの!

まずはその理由についてご紹介しましょう。

  1. そもそも給料が安いから貯金できない
  2. 夜勤による肌荒れ(エステ・化粧品)や疲労からのメンテナンス(整体・マッサージ)にお金を使う
  3. 夜勤明けで金銭感覚がおかしくなって散財
  4. 看護師ならではのストレスから散財

1.【そもそも給料が安いから貯金できない】

看護師の仕事というと、一般的な社会人に比べて「高い」というイメージがありますよね。

しかし実はそのイメージには落とし穴が!

確かに新卒の基本給ベースは若干高い傾向にありますが、問題は昇給率

約30年勤続した一般社会人の昇給率は200%に対して、看護師の昇給率は145%。つまりその差は緩やかに縮まっていき、さらには逆転してしまうということです。

看護師は女性の多い職場で、まさに子育て世代ですから、「お金が必要な時に、給料が安い。」というのは死活問題です。

お金が必要な時に、『そもそも給料が安い』!

これが「貯金できない」看護師の1つ目の理由です。

2.【夜勤による肌荒れ(エステ・化粧品)や疲労からのメンテナンス(整体・マッサージ)にお金を使う】

学生の頃抱いた看護師の『見た目』に対するイメージはどのようなものでしたか?

  • いつもキレイ
  • 清潔感がある

こんな印象を持った経験があるのではないでしょうか。いざ自分が看護師になると、確かに周りの先輩はキレイな人が多い!

そこで自分が抱いたイメージの看護師に近づこうと、無理をしてでも努力しているという看護師は多いでしょう。

夜勤をすると…

「肌荒れがヒドイからエステに行こう。」

「スキンケアに力を入れるために、化粧品は高級品を買おう。」

「疲れが溜まって抜けないから、整体に行こう。」

こんな理由で、気づけば手持ちのお金はどんどん減っていく…。

これが「貯金できない」看護師の2つ目の理由です。

3.【夜勤明けで金銭感覚がおかしくなって散財】

夜勤終わりの開放感って最高ですよね!

あんなに勤務中眠かったはずなのに、なぜか勤務が終わると眠気が吹っ飛ぶという経験、あなたにもあるのではないでしょうか。

夜勤明けはアドレナリンが全開状態!

そのために、金銭感覚も崩壊している看護師は多いです。いつもなら財布の紐を緩めない人でも…

「夜勤頑張ったし、ご褒美!」

なんて理由をつけて、普段買わないようなものを買ってみたり、ついつい美味しいものを食べに行ったりと金銭感覚がおかしくなっていることで散財してしまう看護師は多いです。

そんなことを繰り返すうちに、給料日を迎える頃には「お金がない」という状況に…。

これが「貯金できない」看護師の3つ目の理由です。

4.【看護師ならではのストレスから散財】

看護師がストレスを抱える主な原因は…

  • 命に関わる仕事で、責任やプレッシャーが重い
  • 女性が多い職場で、独特の人間関係が辛い
  • ライフスタイルが安定しないことで、体調管理が難しい

などが挙げられます。

どれも精神的にも体力的にもダメージが大きいですよね。

  • お酒
  • タバコ
  • ギャンブル

体に悪そうで、しかもどれもお金がかかるストレス発散方法ですが、この方法を選ぶ看護師は非常に多いというのが現実!

これが「貯金できない」看護師の、4つ目の理由です。

「貯金できない」看護師を救うのは『今の職場を変えること』!

貯金ができない看護師の4つの理由がわかったところで、次に問題となるのが『どうやって解決するか』ということです。

実際のところ、今の職場では…

  • 貯金できるほどの給料アップは期待できない
  • 貯金できない理由を解決できない

と悩む看護師は多いでしょう。

でも大丈夫!

ある解決策が、貯金ができないあなたを救いますよ!

ずばり結論からいうと…

『今の職場では貯金できないため、転職するべき!』

  1. 貯金できるほどの給料アップは期待できない
  2. 貯金できない理由を解決できない
  3. オススメの記事

貯金できるほどの給料アップは期待できない

就職した病院で最初に決められた『基本給ベース』と昇給額は、基本的に変わりません。

大きい病院になればなるほど、交渉でなんとかなるというものでもありませんよね。

つまり今の職場で働く以上、何か劇的に給料が上がるという見込みはないということです。

そこで先ほど結論でご紹介した『転職』です。

単純に今より基本給ベースの高い職場や夜勤手当の高い職場に転職すると、給料は上がります。

『今までより多く貰える金額分を貯金したら良い』ということです。

今までの生活スタイルを変えることなく、貯金ができて、まさに一石二鳥です!

貯金できない理由を解決できない

看護師が貯金できない、つまり散財してしまう一番の理由は『今の職場環境が悪いから』です。

ストレスの原因や、勤務形態を変えるとなると、今の職場ではなかなか難しいのが現状でしょう。

しかし「貯金できない」理由の根源を絶たなければ、劇的な変化を得ることはできません

そこで有効なのが『転職』

夜勤による散財が原因であれば、日勤のみで働いてみるというのも一つの手段です。

またストレスが散財の理由であれば、ストレスのない職場に転職したら良いということです。

オススメの記事

『転職』となると、新たな問題が発生してはいませんか?

例えば…

「日勤だけの仕事に転職したら、夜勤手当がなくなって給料が安くなるんじゃない?」

安心してください。そこにもまた解決策があります!

4つの理由ごとに、オススメの記事をご紹介します。

1. そもそも給料が安い→「給料を上げたい」看護師必見!意外な情報ゲットで願いが叶う!

2. 夜勤による肌荒れ(エステ・化粧品)や疲労からの身体のメンテナンス(整体・マッサージ)にお金を使う→「看護師の夜勤なしの仕事は残業少ない!日勤のみで給料が高いことも!」

3. 夜勤明けで金銭感覚がおかしくなって散財→「看護師の夜勤なしの仕事は残業少ない!日勤のみで給料が高いことも!」

4.ストレスから散財→「看護師が働きやすい病院をランキング順に説明!いくつ当てはまる?

「貯金できない」看護師は『転職コンサルタント』にアドバイスをもらおう!

貯金ができない看護師についてここまでお話ししてきましたが、先ほどご紹介した『オススメの記事』を読んでみても、まだ不安なあなた!

「でもやっぱり、転職先でもまた新たなストレスが発生したら散財しちゃうんじゃない?」

そんなあなたにオススメなのは『転職コンサルタント』

転職コンサルタントは、あらゆる病院に関する多くの情報を持っています。ですからあなたのストレスの原因を解決できる情報提供が可能です。

さらに自分では気づかない盲点となる新たなストレスが発生しないよう、スペシャリストの視点からアドバイスをしてもらいましょう

看護師の仕事はハードでキツイ…その特徴から散財してしまうという看護師が多いというのが現状です。

そのため仕事の割に、4つの理由から「貯金できない」と悩む看護師は多いでしょう。

しかし今の職場を変えることで、その悩みを解決できる可能性があるということもわかりました!

これを機に、あなたも『転職』を検討して、「貯金できない」悩みから解放されてみてはいかがでしょうか。

きっと今より前向きに仕事ができる自分に出会うことができますよ!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職はナース人材バンクにおまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。ナース人材バンクと併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

この記事を書いた人

看護師 koharu

  • 取得資格:看護師
  • 出身:北海道
  • 年齢:36歳
  • 看護師経験:小児科、NICU、産科、婦人科、一般病棟、外来

このサイトの記事を書かせて頂いているkoharuです。看護師免許を取得後、周産期病棟を中心に約10年、その後一般病棟で約3年、外来で約1年の勤務を経験してきました。その間、転職は2回!夫の転勤を機に、現在は退職し、以前から第2の夢であった看護師ライターの仕事をしております。看護師は、今でも子供たちが『白衣の天使』と憧れる職業です。でも、そんな甘い言葉では片付けられない現状がありますよね…。ただ、もちろん素晴らしい職業であることに間違いはナイ!と自信を持っております。約15年の看護師経験の中で得た知識や情報・看護観を、皆様と共有できたら幸いです!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる