看護師は何年目の転職がベスト?2つのプランで選択肢を広げよう!

あなたは看護師になって何年目ですか?
若い世代の看護師であればあるほど、様々な悩みから転職を考える機会が増えるでしょう。

そんな時ふとよぎるのは、「私って、転職していい時期なのかな…。」という不安かもしれませんね。

1年目の看護師と5年目の看護師では、転職理由が異なるのは当然です。

だからこそ湧き上がる、「看護師は何年目の転職がベスト?」という疑問!

安心して下さい!

悩んでいるのはあなただけではありませんよ!

そこで今回は、『看護師は何年目の転職がベスト?』に焦点を当て、ベストといえる時期の根拠2つのプランでご紹介します。

これであなたも選択肢が広がり、転職を前向きに検討できること間違いナシです!

何年目の転職がベスト?と悩む看護師の経験年数別理由!

今回は、転職に悩むことが多い1~5年目の看護師を対象にご紹介します。

若い世代になればなるほど…

  • ベテラン世代の看護師との人間関係に悩みを抱える
  • 看護師として一人前になろうとする狭間で、自分の無力さを感じる
  • スキルアップを図りたいと望む

など、様々な理由で転職を考える機会が増えるでしょう。

転職すべきか、転職すべきでないか考える理由

  • 1年目
  • 2年目
  • 3年目
  • 4年目
  • 5年目

1年目

  • 人間関係が上手くいかない
  • プリセプターとの関係性が悪い
  • 自分のやりたい仕事とは違った
  • 責任やプレッシャーに耐えられない
  • 今の職場よりもっと良い環境で教育課程を受けたい

2年目

  • 自分はもっと出来ると思っているが、適正な評価を受けられない
  • 新しい分野を学びたい
  • スキルアップを図りたい
  • 人間関係が上手くいかない
  • 今の診療科に興味が持てない
  • 実力が伴っていないと感じる

3年目

  • リーダー業務やプリセプター業務、看護研究など役割が急に増え、責任やプレッシャーが重くなる
  • 先輩と後輩の板挟みになり、人間関係が辛くなる(特に先輩看護師からの要求が辛い)
  • 異動がありそう、同じ病院で経験を積んだほうが良い、転職するなら今が良いなど色々な話を耳にする
  • 自分の看護観が定着し、新しい分野に興味が湧く
  • 自分を振り返る余裕ができ、向上心が芽生えている
  • 他の病院の求人に目が行くようになっている

4年目

  • プリセプターやリーダー業務が嫌になる
  • やりたい看護ができていないと感じる
  • 将来について考えると今の職場にいてよいのか不安になる
  • 給料面や待遇面に不満がある
  • 4年目と5年目では退職金が大きく違うという情報を耳にする

5年目

  • 5年の経験年数を捨てられない
  • これまで積み重ねてきた年数に、退職金やボーナスに対する未練がある
  • 5年目の自分がまた一から新人のような立場になることへの不安がある
  • 給料が安くなることへの不安 がある

こうした理由が転職すべきか、転職すべきでないか考えるきっかけとなります。

しかしそこで芽生えるのが、「私って、転職していい時期なのかな…。」という不安です。

大丈夫!

これからご紹介する2つのプランで、その不安解消されますよ!

何年目の転職がベスト?と悩む看護師に提示したい『2つのプラン』!

今回ご紹介するのは…

  1. Aプラン
  2. Bプラン

の2つのプランです。

Aプラン

こちらは一般的にオススメとされているプランです。

まずは、1~5年目の看護師の役割を確認していきましょう。

 

1年目

2年目

3年目

4年目

5年目

日勤メンバー業務

多い

多い

あり

あり

あり

リーダー業務

ない

ほぼない

入り始める

多い

多い

夜勤

入り始める

あり

あり

あり

あり

院内委員会活動

ない

多い

多い

あり

あり

プリセプター

ない

ない

入り始める

多い

あり

臨床指導

ない

ない

ほぼない

入り始める

多い

 

職場により多少の誤差はありますが、経験年数別に以上のような役割があると考えられます。

役割が多くなり始めるのは3~4年目ということがわかりますね!

  1. 経験年数別役割から導き出される入職時の特徴
  2. 結論

経験年数別役割から導き出される入職時の特徴

扱いやすさ

1年目転職組>2年目転職組>3年目転職組>4年目転職組>5年目転職組

即戦力

1年目転職組<2年目転職組<3年目転職組<4年目転職組<5年目転職組

つまり…

  • 1年目転職組、2年目転職組は即戦力にはならない
  • 3年目は即戦力となれる上に、4年目転職組、5年目転職組に比べ、入職時扱いやすい

ということから、3年目転職組は好条件で歓迎されるケースが多く、求人の選択肢も広がるため有利

結論

『看護師の転職は3年目がベスト!』

Bプラン

こちらは看護師の実情を考慮したプランです。

先ほどの表では3年目からプリセプターに入り始めるとなっていますが、多くの病院でプリセプター研修を実施するのが3~4年目。

また臨床指導研修は4年目に実施する病院が多いです。

つまりAプランの3年目で転職するということは、このプリセプター研修と臨床指導研修を終了せず転職するということ!

実際に転職後、本当の意味で即戦力になれるとされる看護師は、オールマイティをこなせる看護師といえます。

つまりプリセプター研修及び臨床指導研修を終了しているということが強みになるということです。

これらの研修を終了した上で…

  • そこから同じ病院で、チームリーダーや病院の委員会への貢献などを経験し、今の環境を受け入れて働くのか
  • 転職して新しい分野へ挑戦し、今の環境を変えて働くのか

ということになりますが、転職をしたいと考えている看護師が目指すのは後者ですよね。

ですから新しい分野への挑戦をするのであれば、プリセプター研修、臨床指導研修を終えて、一番早い段階の4年目がオススメということです。

結論

『看護師の転職は4年目がベスト! (3年目の時点で全て研修が終了している場合は、3年目の転職もベストといえる)』

看護師は何年目の転職がベスト?選択肢は一つじゃない!

実情を考慮した転職をしたいと考えても、「4年目になるまでなんて待ってられない!」という方もいるでしょう。

そういう人は一般的にオススメとされているAプランを優先した考え方をすれば良いんです!

教育プログラムの観点から考えると…

  • 基礎研修
  • リーダーシップ研修

これらは3年目の時点で大体終了しています。

看護師に必要な基本的なスキルとリーダー業務ができれば、一般業務をする上で即戦力にはなることは可能です。

だから大丈夫!

選択肢が一つではないということがポイント!

自分で選択することができ、どちらでも間違いということではないので、自信を持ってくださいね!

何年目の転職がベスト?と悩む看護師は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

いざ転職を決意すると、「自分の経験年数に合った職場はどこなのかな?」と疑問に思ってしまいますよね。

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまでの実績から経験年数別のオススメ病院情報を持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、病院側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

転職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

経験年数別に違う転職についての悩み。

そこから生まれる、「看護師は何年目の転職がベスト?」という疑問。

今の状況を打破したいと考えることは、決して悪いことではありません。

行動した人にしか、次のステップがないことは間違いありません!

そして転職を判断する考え方の選択肢は一つではないということ。

自分に都合の良い考え方をすれば良いんです!

これを機に、あなたも2つのパターンで選択肢を広げ、転職を前向きに検討してみてはいかがでしょうか!

オススメの記事

「看護師は何年目の転職がベスト?」と悩んでいるあなたにオススメの記事をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

中には1年目、2年目で転職について悩んでいるという方もいるでしょう。

そんな方にもオススメの記事ですよ!

・『新人看護師でも転職していいの?もちろんOK!その悩み一掃します!

・『2年目看護師の転職っていいの?答えはYES!転職で理想の看護師へ!

・『3年目看護師って転職してOK?実は今がベスト!成長のチャンス到来!

・『私って看護師に向いてない?可能性は無限大!判断するのはまだ早い!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる