「大きい病院から小さい病院への転職!」看護師が知るべき裏事情!

大きい病院で勤務していると、何かと苦労も多いですよね…。

毎日目まぐるしく変わる患者様の状態や求められる看護スキルの高さについていけない。

あらゆる世代の看護師がいることで、人間関係が辛く、自分らしく働けない。

精神的にも体力的にも限界を迎えたあなたは、「もう小さい病院に転職したいな~。」なんて考えているかもしれません。

そんなあなたが小さい病院に抱くイメージとはどのようなものでしょうか?

実はそのイメージ間違っているかもしれませんよ!

その認識の違いから、転職後に…

「しまった!損した!」

「思ったのと違う!」

という新たな不満を生む可能性があります。

まずは小さい病院の裏事情を知ることが、後悔しない転職への第一歩

そこで今回は、『大きい病院から小さい病院への転職』に焦点を当て、その裏事情や転職方法についてご紹介します。

これであなたも後悔することなく、今の悩みを解決して転職することができるでしょう!

大きい病院から小さい病院へ転職したい看護師が考える『メリット・デメリット』とは?

転職をイメージする際、メリットとデメリットに分類して考えることが多いですよね。

  • メリット>デメリット=思い通りの転職
  • メリット<デメリット=妥協しての転職

では「大きい病院から小さい病院への転職」を考える際、どんなメリット、デメリットをイメージするのでしょうか。

  1. メリット
  2. デメリット
  3. 比較検討して導き出す結論

メリット

  • 仕事が楽になる
  • 人間関係が良くなる

デメリット

  • 給料が安い
  • 調整手当が安い

比較検討して導き出す結論

メリットとデメリットを比較検討して、転職を決意したあなたの結論は…

  • 給料面は諦めよう!
  • とにかく人間関係が良ければどこでもいい!
  • とにかく仕事が楽ならどこでもいい!

つまり「こうすれば、メリット>デメリット=思い通りの転職になるはず!」と考えているということです。

実はこの結論、答えを出すにはまだ早いかもしれません。

小さい病院には、裏事情が…

大きい病院から小さい病院へ転職したい看護師が考える『メリットの裏事情』!

  1. 小さい病院=人間関係が良いとは限らない!
  2. 小さい病院=仕事が楽になるとは限らない!

小さい病院=人間関係が良いとは限らない!

人間関係に悩んで転職したいと考える多くは、若い世代の看護師です。

ではなぜ若い世代の看護師が人間関係に悩むのかを考えてみましょう。

多くの原因は、『ベテラン世代と若い世代の違い』からくるものです。

  • 教育課程が違う
  • 人生経験が違う
  • 経験してきた看護場面が違う
  • 看護観が違う
  • 自分の価値観に当てはめて考えることで、歩み寄れない

こういった悩みを打破するために、小さい病院への転職を考えているあなた!

そこには小さい病院の裏事情が…

小さい病院=給料が安いと思っているかもしれませんが、ベテラン世代の多くはすでに給料ベースが高く、その居心地の良さから、なかなか辞めません

またベテラン世代が多いということは、その結束もさらに強固なもの!

つまり若い世代のあなたが小さい病院に転職すると、より人間関係の悩みを抱える可能性が高いということです。

もちろん人間関係がよくなるケースもあります。

看護師数が少ないぶん、人間関係が良い環境であれば、よりアットホームな雰囲気で働くことができます。

その結果…

  • コミュニケーションが円滑で、情報共有がしやすい
  • チームワークが良く、仕事が効率的にできる
  • ベテラン世代からも、看護師としての知識やスキルを学ぶことができる
  • 自分の看護観を主張することができる
  • より良質な看護提供ができる

ただ圧倒的に、前者のケースが多いというのが現実です。

小さい病院=仕事が楽になるとは限らない!

小さい病院の看護師人員配置は13:1や15:1など、看護師一人当たりに対する患者数が多いという特徴があります。

つまり看護師数が少ないということ!

またその他にも…

  • 高齢者を対象としている場合が多い
  • 日常ケアが多い
  • 看取りが多い

という特徴があります。

つまり看護師数が少ない上に、日常ケアが多く、おむつ交換や入浴介助など体力面がよりきつくなるということです。

ですから小さい病院に転職したからといって、決して仕事が楽になるわけではありません。

高度な医療は求められなくとも、質の違う大変さがあるということですね!

しかし実際には、大きい病院に比べて、高度な医療は求められなくなります。

  • 責任、プレッシャーに耐えられない
  • 知識、スキルがついていけてない

こんな人には、確かに小さい病院はオススメでしょう。

大きい病院から小さい病院へ転職したい看護師が考える『デメリットの裏事情』!

ここまで聞くと、「メリットがないなら転職する意味ないじゃん!」という印象を受けた方もいるかもしれませんね。

でも安心してください!

もちろん悪い情報ばかりではありません!

2013年看護職の賃金水準データによると…

病床数 税込給与総額

  • 99床以下 30万8960円
  • 100~199症 31万2730円
  • 200~299症 31万6728円
  • 300~399症 32万8213円
  • 400~499症 33万1976円
  • 500症以上 34万4004円

これだけ見ると、確かに大きい病院の方が給料は良いですよね。

でも実は小さい病院の中には夜勤手当が高い病院が多いんです!

小さい病院は調整手当という名目で、3~10万円を上乗せするケースがあります。

大きい病院では、より高度な医療を行っているため、夜勤者の負担も大きくなってしまいます。

つまり負担軽減のため、夜勤の人数を増やして対応していることが多く、小さい病院に比べ、夜勤手当が低くなってしまう場合があるということです。

また教育制度の充実や高い看護スキルを習得できるということから、若い看護師には大きい病院の方が人気が高いです。

しかし小さい病院側としても…

  • 安い給料で雇える
  • そもそも人手不足
  • 体力を使う仕事が多い

ことから若い世代の看護師が欲しいわけです。

そのため、ボーナスに響かない手当の充実を提唱している病院が多くなるということですね。

ですから、小さい病院への転職だからといって、給料面を諦める必要はありませんよ

メリット・デメリットを踏まえた上でいえることは、『正しい情報を知って、転職後の自分を想像することが大切』ということです!

結論

『大きい病院から小さい病院へ転職するときは、正しい知識をもって転職すべき!』

大きい病院から小さい病院へ転職したい看護師は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

もちろん小さい病院で手当が高くても、基本給ベースが極端に低い病院もあります。

その場合、トータルの給料が大幅に下がってしまうという可能性も考えられます。

でも大丈夫!

単純に考えると、『手当も基本給ベースもそこそこ高い、小さい病院を探せば良い!』ということです。

「そんな都合のいい小さい病院なんてあるはずないじゃん!」

「給料もそこそこ貰えて、人間関係の悩みも少なくなる小さい病院なんてあるの?」

こんな疑問を持った方もいるでしょう。

しかも自分で、こんな条件の良い病院を探すとなると至難の業…。

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまでの実績から小さい病院の情報をたくさん持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、病院側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

転職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

転職は一大イベント!失敗したくないと考えて慎重になるのは当然です。

失敗しないポイントは、いかに正しい知識や情報を持っているかです!

正しい知識や情報をゲットしたあなたは後悔することなく、今の悩みを解決して『大きい病院から小さい病院への転職』をすることができるでしょう!

オススメの記事

『大きい病院から小さい病院への転職』を考えているあなたに、オススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

「小さい病院から大きい病院への転職!」看護師に必要な正しい認識!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる