看護師が円満退職で辞めるタイミングって?引き際の美しさも肝心!?

看護師が円満退職で辞めるタイミングは、誰もが気になるところでしょう。

「退職のタイミングを間違えると、上司からも同僚の看護師からも反感買うだろうな…。」

人間ですから、揉め事はできるだけ避けたいと考えるのは当然です。

そのため、どうしても円満退職で辞めるタイミングを知りたいと考えてしまいますよね。

円満退職をするために、辞めるタイミングに気を取られがちですが、実は大切なポイントがもう一つ

それは…
『引き際の美しさ』です。

  • 辞めるタイミングを間違えないこと
  • 引き際を美しくすること

この二つのポイントを守ることが、看護師が円満退職できる条件!

そこで今回は、『看護師の円満退職』に焦点を当て、辞めるタイミングや退職時の引き際を美しくする方法についてご紹介します。

これであなたも円満退職をすることができ、人生の新たなステップを、揉めることなく、踏み出すことができるでしょう!

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたい!1つ目のポイントとは?

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたいあなたが、1つ目に抑えるポイントは…

『辞めるタイミングを間違えないこと』

それでは実際に、看護師はどのタイミングで辞めるのが、円満退職できる条件といえるのでしょうか?

  1. 看護師が円満退職で辞めるタイミングは、ボーナスをゲットしてから!
  2. 看護師が円満退職で辞めるタイミングは、求人の多い時期が狙い目!
  3. 看護師が円満退職で辞めるタイミングで、避けるべき時期は?

看護師が円満退職で辞めるタイミングは、ボーナスをゲットしてから!

ボーナスというと、嬉しいプレゼントのような感覚になりますが、それはあなたが看護師として努力してきた証です。

当然貰うべき権利!

「退職を考えているのに、ボーナスを貰うまで働きたいなんて都合が良すぎ!」

と病院側は思うかもしれないと、懸念してはいませんか?

実は案外ボーナス後に看護師の退職が増えるのは、病院側も想定内の場合が多いです。

なぜなら、これまでもボーナス支給後の退職者が多いという実績があるから!

退職後の身の振り方はそれぞれですよね。

  • すぐに転職し、間髪入れず働き始める看護師
  • 少しのんびりしたいな~と、若干のブランク期間を設ける看護師
  • そのまま引退する看護師

どの身の振り方においても、先立つものは必要です。

ですから病院側も、看護師がボーナス支給後に退職を申し出るということは、容易に想像できるということです。

ボーナスの支給時期というと、多くは6月・12月ですよね。

病院側はボーナス支給後の看護師の退職を想定しているため、7月・1月に人員不足になって困らないよう、それを見越して求人情報を出しています

病院側にとっても、想定内の退職であれば、円満退職ができる可能性は高くなります。

つまり、逆手に取れば、あなたが今勤めている病院以外でも、同じ現象が起きているということ!

転職を考えている看護師であれば、一時的に求人情報が増え、選択肢が広がる時期ということですね。

ここで一つ注意点!

ボーナスをゲットするには、ボーナス支給日に在籍している必要があるということです。

例えば、ボーナス支給日が7月1日だった場合、キリが良いからと6月いっぱいで退職すると、ボーナスを貰うことができません。

それはルールですから、いくらゴネても後の祭り…。

後悔しないためにも、必ずボーナス支給日の翌日以降に退職しましょう

看護師が円満退職で辞めるタイミングは、求人の多い時期が狙い目!

先ほど、7月・1月は一時的に求人が増える時期とご紹介しました。

看護師の転職時期に推奨されているのは、4月と10月です。

4月は病院側も、新卒者・中途採用者向けの教育体制を整えている時期!

同期も増えるため、すんなり職場に馴染むには、オススメの時期といえます。

10月は職場内の異動が多い時期です。

そして、4月に入職した新卒者や中途採用者が仕事に慣れ、新しい人員の受け入れ態勢も整っている時期ともいえます。

そのため…

  • 4月の転職に向け、2~3月
  • 10月の転職に向け、8~9月

に求人情報が増えます。

求人情報が増えるということは、転職先の選択肢が広がるとともに、より自分の希望にあった職場への転職が可能になるということです。

そしてここからが重要!

病院側も、この時期に退職者が増えるということを把握しています。

つまり、看護師の退職は想定内の時期で、人員不足になることを見越して、求人情報を出しているということですね。

こちらも病院側にとって、想定内の退職であれば、円満退職ができる可能性は高くなります。

看護師が円満退職で辞めるタイミングで、避けるべき時期は?

看護師が円満退職で辞めるタイミングで、避けるべき時期は、病院側が退職者を予測していない、想定外の時期です。

人間誰しも、想定外のことが起きると、反論したくなるものです。

想定外の時期は、ずばり人手が不足する時期

  • 年末年始
  • ゴールデンウイーク
  • お盆
  • 新卒者や中途採用者の教育に、人手が必要な時期

看護師はシフト制で働いているケースが多く、「お正月だから連休が欲しい!」と大声では言えませんが、少なからず休みが欲しいと望んでいるものです。

そんな時期に退職者が出ると…

「こんなに人手が足りない時期に辞めるなんて、自分勝手!」

と上司にも同僚にも反感を買う結果となってしまいます。

そうなれば、円満退職とは言えませんよね。

人手が不足する、病院側にとって想定外の時期を避けて退職することをオススメします。

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたい!2つ目のポイントとは?

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたいあなたが、2つ目に抑えるポイントは…

『引き際を美しくすること』

どんなに辞めるタイミングを選んでも、引き際が美しくなければ円満退職とはいえません。

最近では看護協会や地域間で、看護部長同士が繋がっていることも多いです。

いざ転職してみると、「噂が先行して働きづらかった!」なんてことになっては、元も子もありませんよね。

転職先に噂を流されないよう、大人としてのルールを守り、退職の引き際をいかに美しくするかがポイントとなります。

  1. 看護師が円満退職するには、手続きの漏れがないようにしよう!
  2. 看護師が円満退職するには、受け持ち患者様の引き継ぎをキッチリしよう!
  3. 看護師が円満退職するには、受け持ち患者様の看護計画評価をしよう!
  4. 看護師が円満退職するには、委員会の引き継ぎをしよう!
  5. 看護師が円満退職するには、更衣室ロッカーの掃除をしよう!
  6. 看護師が円満退職するには、菓子折りを持って、挨拶回りをしよう!

看護師が円満退職するには、手続きの漏れがないようにしよう!

退職となると、手続きが必要ですよね。

手続きをしてくれるのは、総務課です。

ギリギリの時期になれば、総務課に迷惑が掛かるとともに、「だらしない看護師!」というレッテルを貼られてしまう可能性が高いです。

まずは…

  1. 職場に返すもの
  2. 職場から受け取るもの

の手続きを把握し、漏れなく完了してから退職することで、美しい引き際を演出することができるでしょう。

職場に返すもの

  • 健康保険被保険者証
  • ネームプレート
  • 更衣室のロッカーキー
  • 白衣(貸与の場合)

職場から受け取るもの

  • 雇用保険被保険者証
  • 雇用保険被保険者離職票
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

源泉徴収票は、すぐに発行できない場合も多いです。

後日自宅に郵送してもらえるよう、切手を貼った封筒に、住所と名前を書いて渡しておくと良いでしょう。

看護師が円満退職するには、受け持ち患者様の引き継ぎをキッチリしよう!

引き継ぎがキッチリできていないと、「無責任な看護師!」と同僚の看護師に反感を買う結果となってしまいます。

また退職したあとも、確認のための電話がかかってくるなど、何かと面倒です。

何より、患者様に迷惑がかかることになりますよね。

引き継ぎをキッチリ行うことで、退職時の引き際は美しくなり、円満退職に繋がります。

引継ぎは、文章で残しておくことが大切!

  • 治療経過
  • 患者様、ご家族の病識
  • 治療に対する受け止め
  • 処置
  • 患者様が好きなこと、嫌いなこと
  • 患者様とご家族の関係性
  • 一日の過ごし方

箇条書きでも構いませんので、あなたが持っている全ての情報を、文章して残しておくことをオススメします。

看護師が円満退職するには、受け持ち患者様の看護計画評価をしよう!

退職時は最後の看護計画評価を必ずするようにしましょう。

「まだ評価の時期じゃないし…。」と評価をせずに退職すると、無責任看護師のレッテルが貼られてしまいます。

次の受け持ち看護師が引き継いだ際、すぐに看護計画が実施できるようにしておくことで、退職時の引き際を美しくすることができます。

看護師が円満退職するには、委員会の引き継ぎをしよう!

ある程度の経験年数を重ねている看護師であれば、病院や病棟の委員会を担当するものですよね。

退職時は、委員会の引き継ぎも大切です。

  • 活動内容
  • 持ち上がっている議題
  • 進行中の役割

これらを文章としてまとめ、わかりやすく保存することで、退職時の引き際を美しくすることができます。

看護師が円満退職するには、更衣室ロッカーの掃除をしよう!

更衣室は退職するギリギリまで使用するものですよね。

有給休暇を消化してから辞める看護師にとっては意外と忘れがちなポイントです。

退職日に慌てることがないよう、事前に更衣室のロッカーは掃除しておくようにしましょう。

退職後に汚いままのロッカーだと、これまた「だらしない看護師!」という印象が残ってしまいます。

看護師が円満退職するには、菓子折りを持って、挨拶回りをしよう!

終わりよければ全てよし!

最後の挨拶回りは重要です。

菓子折りを持って、丁寧に挨拶すれば、受け取る側も悪い気はしません。

そればかりか、「常識のある看護師だな~。」と好印象!

働いていれば、色々と思うところはありますよね。

「憎たらしいあの人に挨拶なんてとんでもない!」

と思っても、そこはグッと抑えて、笑顔で挨拶をすることが、退職時の引き際を美しくし、円満退職をする最大のポイントです!

看護師は辞めるタイミングが良くないと円満退職できないの?

看護師が円満退職で辞めるタイミングのポイントは…

  • 辞めるタイミングを間違えないこと
  • 引き際を美しくすること

ということがわかりました。

ただ、辞めるタイミングは退職理由によって守れないケースもありますよね。

例えば…

  • 結婚による退職の場合
  • 妊娠による退職の場合
  • 夫の転勤による退職の場合
  • 家族の介護による退職の場合
  • 家業の手伝いによる退職の場合

確かに、これらの退職理由の場合、「タイミングが良くないから先延ばし!」とはなりません。

だからこそ、『引き際の美しさ』です。

病院側も、やむを得ない事情で退職するのであれば、引き止めるわけにはいきません。

退職を引き止められない看護師でも、引き際が美しければ好感を持つことができ、円満退職をすることができるでしょう。

結論

看護師が円満退職で辞めるには…

  • 『辞めるタイミングを間違えない』
  • 『引き際を美しく』

二つのポイントを守ることが肝心!

退職理由によっては、タイミングが違う時期でも、円満退職は可能!

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたい方は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

看護師が円満退職で辞めるタイミングのポイントはわかっても、まだまだ不安が拭えないという方もいるでしょう。

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまでの実績から円満退職するための情報を知っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、退職後に転職したいと考えた際、力を貸してくれるでしょう。

円満退職ができ、さらには転職についての悩みも減るとなれば、心強いですよね!

看護師が円満退職で辞めるタイミングを知りたいと考えるのは、当然です。

辞めるタイミングを知るとともに、辞め方を知ることも、円満退職には大切なポイントであるということがわかりました。

『辞めるタイミングを間違えない』

『引き際を美しく』

この二つのポイントを守ることが肝心!

これを機にあなたも円満退職をし、人生の新たなステップを、揉めることなく、踏み出してみてはいかがでしょうか。

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる