退職できない看護師さん必見!確実に退職できる方法伝授します

話聞いてくれない

退職できない看護師についてが、今回のお題です。

現場で働く看護師なら、さまざまな理由で、一度は『退職したい』と考えたことがあるでしょう。あなたもその一人ではありませんか?

  • 「人間関係が上手くいかない…。」
  • 「今の仕事内容が合ってない。」
  • 「もっと違う診療科で勉強したい!」
  • 「お給料が安い!」

しかし、いざ退職したいと思っても、現実的な問題で『退職できない』と悩む看護師が多いのも現状です。
例えば…

  • 「看護師長が怖くて言い出せない…。」
  • 「ただでさえ人手が足りないのに、退職なんて絶対無理!」
  • 「年度末以外の退職は絶対に認めてくれない!」
  • 「看護師長が話すら聞いてくれない…。」

こんな理由が、『退職したくてもできない』という状況を作り出しています。あなたも同じような理由から、退職できずに悩んではいませんか?

安心してください。

そんなあなたでも確実に退職できる方法があるんです!

円満退職の方法から、強硬手段の奥の手まで、確実に退職できる方法を伝授します!

これであなたも『退職したくてもできない』と悩む必要はなくなります。

スッキリ退職をして、新しい職場で新たな看護師ライフをスタートさせましょう!

退職できない看護師の3つの理由!人手不足で上司がネック?

退職できない看護師には共通点がある、というお話です。

『退職したいと考える理由』が看護師それぞれによって違うのに対し、『退職できない理由』は大体皆似ています。その関門は看護師長や看護部長である上司!

根本にあるのが看護師の人手不足。あなたの働いている病院でも、慢性的な人手不足が問題になっているのではないでしょうか?

『人手が足りない=退職されては困る!』上司であれば、誰もがこのように考えているでしょう。

その結果、退職を願い出る、もしくは相談しても、看護師長や看護部長から以下のような扱いを受けてしまいます。

  1. 退職を許可してくれない
  2. 退職を引き止められる
  3. 退職を保留にされてしまう

これが看護師が退職できないと感じる3つの理由です。

退職できないと看護師が感じる3つの理由は、上司の都合!

退職できないと看護師が感じている場合で多いのが、上司に関する理由です。

退職を許可してくれない

上司に退職の意思を伝えたとき、「こんなに人が足りない時に!」と一喝で終わればまだ良いですが、「そんなの認めません!」と言われてしまうと、もう話が進みません。食い下がるにも、別日に再び交渉するのも、度胸が必要ですよね?

中には…

  • 退職願を受け取ってもらえない
  • 話すら聞いてもらえない

というケースもあります。

「こんな嫌な思いをするくらいなら、我慢しよう…。」と上司の都合により、退職を許可してもらえないことで、退職できないと感じている看護師は多いでしょう。

退職を引き止められる

「退職したいです!」と勇気を出して申し出たとき、上司の中には情に訴えかけてくる手段に出るケースがあります。

  • 「あなたの力が必要なの!」
  • 「あなたがいないと仕事が回らない!
  • 「あなたともっと仕事がしたいの!」

この背景には、管理職としての評価が関わっている場合もあります。しかしこんなに情熱的に引き止められてしまうと、「もう少し頑張ってみようかな…。」と心動かされてしまいますよね?

このようなケースで退職できないと感じている看護師は多いでしょう。

退職を保留にされてしまう

就業規則では、『退職の意思は2ヶ月前までに申し出る』など、それぞれの病院で提唱されているルールがあります。

そのルールに従い、上司に退職の意思を伝えても、「検討します!」と言われたまま音沙汰なし…というケースがあります。

そんなとき、何度も「退職の件はどうなりましたか?」と上司の機嫌をうかがって質問するのは、ストレスですよね?

上司の都合により、退職を保留にされてしまうことで、退職できないと諦めてしまう看護師は多いでしょう。

退職できない看護師にオススメ『4つの対処法』

退職できない看護師はどうすればいいのか、おすすめの対処法を4つご紹介します。

  1. 対処法① 効果的な理由で退職を伝える
  2. 対処法② 退職の意思を伝える相手を変えてみる
  3. 対処法③ 粘り強く、繰り返し退職の意思を伝える
  4. 対処法④ 最終手段は『法律』に訴える

対処法① 効果的な理由で退職を伝える

  • 親の介護や子供の養育費の問題で、今の給料や勤務体制では働けなくなった
  • 結婚を考えている人がいて、同棲するため通勤できない距離になった
  • スキルアップを図るために、認定看護師や専門看護師の資格を取りたいから、必須条件の経験を積めて、支援金のでる病院に転職したい
  • 看護師としての経験値を上げるために、今の病院にはない分野を掲げている病院でどうしても経験を積みたい

このように今の病院ではどうすることもできない家庭の事情や、金銭面、看護師としてのスキルアップが目的である場合、上司も『退職の申し出を断りづらい』という状況を作ることができます

対処法② 退職の意思を伝える相手を変えてみる

直属の上司である師長に退職の意思を伝え、取り合ってもらえない場合、『伝える相手を変える』という方法があります。

例えば…

  • 主任や副師長
  • 看護部長
  • 総務課

信頼している看護主任や副主任がいる場合、師長より近い存在であることが多く、退職したい理由を説明することで、師長との橋渡しの役割を果たしてくれるケースがあります。

その際は、「円満退職したいので、師長にはうまく伝えて欲しいです…。」と一言口添えしておくと良いかもしれませんね。

師長を飛び越えて、直接看護部長や総務課に退職の意思を伝えた場合、話は早いかもしれませんが、多方面から反感を買う可能性があります

特に看護師長は、「プライドを傷つけられた!」と感じ、その後のあなたへの風当たりが一気に強くなる…なんてことも考えられますので、退職の意思を伝える相手を変えるときは注意が必要です

対処法③ 粘り強く、繰り返し退職の意思を伝える

「上司に退職願いを断られた…でももう一回チャレンジしよう!」

確かに簡単なことではありませんよね?

「また断られたらどうしよう…。退職の話をするの嫌だな~…。」とネガティブになってしまうのは当然です。

しかし上司も人間!あなたの熱心な訴えに、耳を傾けてくれる瞬間があるかもしれません

心を強く持って、退職の意思を繰り返し伝えてみましょう。

対処法④ 最終手段は『法律』に訴える

上記の方法を全て試してみても、退職の意思が受理されない場合、最後の手段は法律です。

労働基準法では退職は労働者の権利として、基本的に『2週間前に退職届を出せば退職出来る』と提唱しています

本来であれば、『退職届』を提出すると、退職理由を説明しなくてはならないという義務はありません。

明記した退職日以降は出勤の義務も転職活動の規制もありませんし、実際に転職することも可能です。

しかしこの方法は退職後のトラブルの原因となる場合があります。

退職後は雇用主側が『雇用保険の資格喪失手続き』をしない限り、新しい職場で働くことができません。

そこで重要なのが、『退職届のコピー』。これを労働基準監督署に持っていくと、トラブルを解決してくれますので、強硬手段で退職する場合は、必ず『退職届のコピー』を取るようにしましょう。

これはあくまで最終手段。円満退職とは程遠い結果となってしまいます。

最終手段に出る際は、感情に任せるのではなく、よく吟味してから判断することをオススメします

退職できない看護師には入念な準備が必要!まずは『転職サイト』を利用してみよう!

退職できない看護師は看護師転職サイトで準備をしましょう!

…といっても、「退職の準備で、看護師転職サイト?」と思いませんでしたか?

実は『看護師転職サイト』を利用することで、退職の準備に有利な理由があるんです!

  1. 先に仕事を見つけておくことで、勢いがつく!
  2. 転職コンサルタントは退職へのアドバイスもしてくれる
  3. 転職コンサルタントは退職時期と、転職先の入職時期を調整してくれる

先に仕事を見つけておくことで、勢いがつく!

簡単に説明すると、『自分を逃げられない状況に追い込んで、やるしかない!と思わせる』ということです。

退職の意思を伝えても、上司から許可が得られなかったり、何度も交渉しなくてはいけないとき、ついついネガティブな気持ちから、「諦めようかな…。」と思ってしまう場合があるでしょう。

しかしこんな場合でも、「次の職場が決まってるんだから!」と後ろ盾があることで、やる気を出すことができるでしょう。

そんな時、できれば時間や労力を最小限に抑えて、転職先を見つけたいですよね?『看護師転職サイト』では、多くの求人数と情報を持っています。ですから、あなたの希望に合った条件で、効率的に転職先を探すことが可能です。

転職コンサルタントは退職へのアドバイスもしてくれる

転職するということは、退職は付き物。ですから転職をサポートする転職コンサルタントは、退職についてもさまざまな事例を経験しています

その豊富な経験から、退職についての悩みも、「○○のような悩みには、の解決方法」といった導き方で、解決するためのアドバイスをくれるでしょう。

また退職までの手順や手続き方法についても詳しいため、「退職って、何をどうするんだっけ?よくわからない!

と不安に感じる必要もありません。転職コンサルトのアドバイスを受けたあなたは、退職の準備に余裕を持って臨むことができるでしょう

転職コンサルタントは退職時期と、転職先の入職時期を調整してくれる

仕事をしながら転職を決めると、具体的には『いつ退職できるのか』『いつから新しい職場で働けるのか』調整するのが難しいですよね?そんな時、転職コンサルタントは独自のコネクションで転職先との直接交渉を行い、入職時期を調整しくれます

退職には乗り越えなくてはならない『いくつもの試練』があります。しかし、いかに入念な準備をするかで、その試練の乗り越え方は変わってきます。準備が整っていると、気持ちに余裕をもつことができますよね?

転職コンサルタントは、あなたのするべき準備を、効率の良い方法で手助けしてくれるでしょう

これを機に、あなたも『看護師転職サイト』に登録して、退職から転職までの時間を有効活用してみてはいかがでしょうか?

おすすめの看護師転職サイト

【1位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

看護師の転職はマイナビ看護師におまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。マイナビ看護師と併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる