看護師が面接で落ちる理由とは?不安を乗り越えサクッと通過!

こんにちは!koharuです。今日も一日お疲れ様でした!

看護師が面接で落ちる理由を知りたいという方は多いですよね。

これから初めての転職で面接を控えている看護師。

現在転職活動中で、すでに何度か面接に落ちてしまったという看護師。

実際に転職を考えている看護師にとって、興味津々の話題かもしれませんね!

ただでさえ面接には、不安がつきもの…

でも看護師が面接で落ちる理由がわかっていれば、不安を乗り越えることがことできる

そこで今回は、『看護師が面接で落ちる理由』に焦点を当て、その詳細と逆に採用される人の特徴についてもご紹介します。

この情報をゲットしたあなたは、不安を乗り越え、看護師の面接もサクッと通過することができるでしょう!

看護師が面接で落ちる4つの理由って?

看護師が面接で落ちるのには、どのような理由があるのでしょうか?

今回は看護師が面接で落ちる4つの理由をご紹介します。

  1. 一般常識がなさすぎる
  2. 自己の売り込みが過剰
  3. 条件の確認が細かすぎる
  4. コミュニケーション能力が低すぎる

一般常識がなさすぎる

  • 面接に遅刻する
  • 忘れ物をする
  • 挨拶ができない
  • 敬語が話せない
  • 身だしなみが不潔

これらは全てマナー違反で、一般常識がないという印象を与えてしまいます。

最初の印象であなたの人となりに問題があると判断されてしまえば、たとえ看護師としての能力に長けていたとしても台無しです。

自己の売り込みが過剰

患者様から感謝されたエピソードや人材育成での成功例など、あなたがこれまでに残してきた素晴らしい功績があることは事実でしょう。

しかし、数々の功績を過大評価し表現するあなたを見て、初めて会った面接官はどう思うでしょうか?

我が強すぎ…。

トラブルメーカーになりそう…。

こんな負の印象を与えかねませんよね。

また自分の功績を語るときは、ついつい早口になり、周囲が見えなくなりがちです。

結局何を伝えたかったのかわからず、落ち着きのない人間というレッテルを貼られてしまう原因になりかねません。

ただし、自己表現が下手すぎるのもNG

「仕事に対する情熱がないのかな?」

「この病院に就職したいんじゃないの?」

と勘違いされてしまう可能性があります。

バランスが大切ということですね!

条件の確認が細かすぎる

転職の条件の上位に、給料面や待遇面が良いことを挙げる看護師は多いですよね。

それは決して恥ずかしいことではありません。

どんなに看護師としての向上心が強くても、生活をしていくのも、実際に働くのもあなたです。

好条件で働きたいと望むのは当然です。

ただまだ採用もされていない面接の時点で…

「残業は多いですか?」

「給料は実際どのくらいもらえますか?」

「夜勤の希望は通りやすいですか?」

など、条件の確認を細かくしてしまうと、面接官の印象はガタ落ち…

この人条件さえ良ければ、うちの病院じゃなくてもイイんじゃない?

と思われてしまう可能性があります。

コミュニケーション能力が低すぎる

確かに面接は緊張するものですよね。

本来の自分らしさを表現できないという方も多いでしょう。

ただ看護師はコミュニケーションが大切な職業です。

  • 面接官の目を見られない
  • 会話のキャッチボールができない
  • 質問内容と回答が合っていない

などは、コミュニケーションの能力が低すぎると判断されてしまう原因になってしまいます。

面接官が見ているのは、もちろん面接中のあなたでもありますが、実際就職後に働く未来のあなたの姿でもあります。

コミュニケーション能力が低すぎる看護師を雇いたいとは思いませんよね。

看護師の面接で採用される人には4つの特徴があった!

看護師の面接で落ちる4つの理由がわかったところで、次に気になるのは、採用される人の特徴ではないでしょうか。

こちらも4つの特徴に絞ってご紹介しましょう。

  1. 一般常識がある人
  2. 要点を掴んだ発言ができる人
  3. 誠実・ひたむき・真面目さが感じられる人
  4. コミュニケーション能力がある人

一般常識がある人

こちらは先ほどの落ちる理由の反対!

  • 面接10分前に到着している
  • 忘れ物がない
  • 挨拶ができる
  • 正しい敬語を使用できる
  • 清潔感がある

これらは全てあなたのイメージアップに繋がります。

マナーを守り、常識的な人間として振る舞える方は、採用される確率が高いでしょう。

要点を掴んだ発言ができる人

これはもちろん淡白な発言という意味ではありません。

面接官の質問に、いかに要点を掴んで回答できるかがポイントとなります。

例えば…

「あなたの経歴を教えてください。」

という質問をされたとしましょう。

回答例①:

「初めて就職したのは慢性期の病棟で、新人時代は色々と苦労しましたが、3年目からプリセプターをしました。プリセプターは思ったより大変で、試行錯誤しましたが、立派に育てることができました。私は自分に人材育成の能力があると思っていますので、お役に立てると思います。」

回答例②:

「慢性期の病棟で5年勤務し、現在に至っております。その間プリセプターの経験を経て、そのノウハウを学ぶことができました。御院でも人材育成に貢献できたらと考えております。」

同じように…

  • 慢性期病棟で勤務した
  • プリセプターの経験をした
  • 転職後人材育成に貢献したい

という内容でも、印象がかなり違いますよね。

余計な発言を省き、要点をまとめることで、面接官にも伝わりやすい内容になります。

スマートな発言が出来る人からは、論理性と落ち着きを感じることができます。

採用される確率もグッと高くなるでしょう。

誠実・ひたむき・真面目さが感じられる人

『誠実・ひたむき・真面目』という態度は、誰が見ても嫌な気はしません。

面接官も、知らず知らずのうちにそんなあなたを高く評価しています。

あなたがどれだけ看護師という仕事に真摯に向き合っているかを想像し、あなたを採用した場合、一生懸命に仕事に向き合う姿を思い描いているということですね。

採用後のビジョンが見えるということは、採用される確率も上がるということです。

コミュニケーション能力がある人

こちらも先ほどの落ちる理由の反対ですね。

  • 面接官の目を良く見ている
  • 会話のキャッチボールが上手い
  • 質問内容と回答が合っている

コミュニケーション能力は、看護師としてのスキルでもあります。

看護技術は実際に披露できなくても、コミュニケーション能力は直接面接官に披露することができます

採用をグッと近づけるための手段ということです。

看護師が面接で落ちる理由を克服する方法、伝授します!

看護師の面接で落ちる理由と採用される人の特徴がわかったところで、不安なことはありませんか?

自分は看護師が面接で落ちる理由にピッタシ…。克服できるかな…。

もちろんすぐに自分を変えられないと不安になってしまうお気持ちはわかりますよ!

看護師の面接に落ちる理由に該当する人には、ある特徴があります。

  • 考えが散漫している
  • 自分の発言や考え方を客観視できていない

まずはこの特徴を克服しましょう。

考えが散漫した状態で、いざ面接時に質問をされても、ダラダラと要点が伝わりにくい表現をしてしまいがちになります。

あらかじめ質問項目を予測し、その回答に見合った考えをまとめておくと良いでしょう。

紙に書き出し、面接官を想像しながら何度も練習することで、ある程度訓練することは可能ですよ!

また、自分を客観視できていない人は、自分に甘く、評価が高くなりがちです。

そんな自分と周囲を比べることで、相手の悪い部分が自分より劣っていると感じ、目についてしまう…。

あなたの周りにも、こんな看護師がいるのではないでしょうか。

自分の評価が高くなってしまった人は、なかなか自分で間違った部分を修正するのは難しいです。

先ほどあらかじめまとめておいた考えを、信用出来る誰かに見てもらうのも一つの手段です。

自分以外の誰かに客観的に評価してもらうことで、自分では気付かなかった意外な落とし穴が発見できる可能性は高いですよ!

そして、マナーや態度の悪さが問題と感じているなら、面接前に気づけた時点で大丈夫!

無意識だからこそ、ついついやらかしてしまうということですね。

面接で落ちる理由を克服したあなたは、採用される人の特徴に近づいていること間違いナシです!

結論

看護師の面接に落ちる理由に心当たりがある人は、今すぐ克服するための取り組みをして、採用される人の特徴に近づこう!

看護師の面接で落ちる不安を拭えない方は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

看護師の面接で落ちる理由を克服する努力をしても…

やっぱりまだまだ不安―!!!

という方はいませんか?

どんなに努力をしても、拭いきれない不安はありますよね。

もちろんその対処法、ありますよ!

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまで多くの看護師の転職をサポートしています。

ですから面接時の心得や面接する病院の特色、質問内容の傾向についての情報を持っています。

面接を攻略する最強のパートナーといえるかもしれませんね!

人手不足の看護業界において、転職を経験する看護師は非常に多いです。

しかし転職につきものなのが、面接

面接は通過点でしかありません。

  • 落ちる理由を克服する
  • 採用される人の特徴を攻略する
  • 心に余裕を持つ

このポイントを抑えて、サクッと通過しちゃいましょう

あなたの看護師としての能力が発揮できるのは、あくまで転職後ですよ!

オススメの記事

看護師の面接で落ちることが不安と悩むあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「看護師の面接でどんな質問をされる?「緊張で頭が真っ白…」を回避!

・「職場に馴染めない看護師は、『誠実・ひたむき・真面目』で解決!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職はナース人材バンクにおまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。ナース人材バンクと併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

この記事を書いた人

看護師 koharu

  • 取得資格:看護師
  • 出身:北海道
  • 年齢:36歳
  • 看護師経験:小児科、NICU、産科、婦人科、一般病棟、外来

このサイトの記事を書かせて頂いているkoharuです。看護師免許を取得後、周産期病棟を中心に約10年、その後一般病棟で約3年、外来で約1年の勤務を経験してきました。その間、転職は2回!夫の転勤を機に、現在は退職し、以前から第2の夢であった看護師ライターの仕事をしております。看護師は、今でも子供たちが『白衣の天使』と憧れる職業です。でも、そんな甘い言葉では片付けられない現状がありますよね…。ただ、もちろん素晴らしい職業であることに間違いはナイ!と自信を持っております。約15年の看護師経験の中で得た知識や情報・看護観を、皆様と共有できたら幸いです!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる