看護師が40代で転職するデメリット・メリットが知りたい!

こんにちは!koharuです。今日も一日お疲れ様でした!

看護師が40代で転職する場合、どんなデメリット・メリットがあるか考えたことはありますか?

転職は一大イベントですから、デメリットもメリットも知った上で、決断したいと考えるのは当然です。

40代の看護師といえば、まさに働き盛りの即戦力となれる看護師!

喉から手が出るほど欲しいという職場はたくさんありそうなイメージですよね。

一見メリットだらけのような気もしますが、もちろんデメリットもあります。

でも大丈夫!

デメリットを解消して転職する方法があるんです!

そこで今回は、『看護師の40代での転職』に焦点を当て、デメリット・メリット、デメリットを解消して転職する方法についてご紹介します。

これであなたも、40代での転職を前向きに検討し、後悔しない看護師ライフを送ることができるでしょう!

看護師が40代で転職を考え始めるきっかけは?

看護師が40代で転職を考え始めるきっかけは様々でしょう。

  1. 家庭の事情により、今の勤務形態や職場の状況を変えたくなった
  2. 責任ある仕事を任されることに対し、精神的にも体力的にも辛くなってきた
  3. 定年まで働くことを考えると、今のうちに長く働ける職場に転職しておきたい

家庭の事情により、今の勤務形態や職場の状況を変えたくなった

40代というとお子さんも多感な時期を迎え、夜勤をしながらフルタイムで働くことが厳しいと感じている看護師も多いのではないでしょうか。

また反対に、子供に手のかかる時期を終え、パートからフルタイムに転向したいという看護師もいますよね。

このように家庭の事情により、今の勤務形態や職場の状況を変えたいと考えることで、転職を考え始める看護師は多いと言えるでしょう。

責任ある仕事を任されることに対し、精神的にも体力的にも辛くなってきた

40代の看護師というと、何でも出来てバリバリ働く中心的存在です。

そんな40代の看護師には、責任ある仕事がどんどん舞い込んできます。

そんな状況に精神的にも体力的にも辛くなり

「もう少しゆったり働きたいな…。」

「自分の時間がもっと欲しいな…。」

このように感じることで、転職を考えるきっかけとなる看護師は多いでしょう。

定年まで働くことを考えると、今のうちに長く働ける職場に転職しておきたい

40代の看護師というと、まだまだ即戦力として働けますよね。

ただ、年齢を重ねた自分を想像した時、今と同じようには働けなくなることを、当然ながら感じてしまいます。

即戦力として働ける状態ということは、求人の窓口も広いということです。

ですから、希望の条件の職場を選びやすい40代の時期に、定年まで働ける職場に転職したいと考え始めるということです。

また、定年まで働くことを考えると、早い段階で転職をしておいたほうが、勤続年数を重ねることができるため退職金にも影響が出ますよね。

40代の今だからこそ、転職にメリットを見出している看護師は多いということです。

看護師が40代で転職するデメリット・メリットとは?

看護師が40代で転職するとなると、どのようなデメリット・メリットがあるのでしょうか?

ご紹介します!

  1. 看護師が40代で転職するデメリット
  2. 看護師が40代で転職するメリット

看護師が40代で転職するデメリット

  1. 仕事が『できるorできない』で職場に馴染めるか否かが左右される
  2. 現職との仕事内容のギャップに慣れるまで、時間がかかる
  3. 初めから何でもできると勘違いされる
  4. 給料が下がる可能性がある

仕事が『できるorできない』で職場に馴染めるか否かが左右される

職場の年齢層を考えると、大抵2分化されています。

  • 若い世代の看護師
  • ベテラン世代の看護師

この二つの年齢層で、大なり小なり派閥があることは覚悟しておかなくてはなりません。

40代の看護師は、いわば中間層

中途で転職するということは、ただでさえ浮いた存在になってしまいます。

しかし、仕事ができる看護師であれば、派閥に左右されることなく、中心的存在になることも可能な年齢層です。

ただ、仕事ができない看護師の場合は、どっちつかずで職場に馴染むまでに時間がかかってしまう可能性は高いでしょう。

現職との仕事内容のギャップに慣れるまで、時間がかかる

40代の看護師ということは、ある程度看護観や自分の仕事の仕方というものが確立されていますよね。

例えば…

  • 急性期病院→慢性期病院
  • 急性期病院→介護施設

今後の働き方を考え、畑違いの職場に転職したとしましょう。

そのギャップを埋めるには、自分の看護観や仕事の仕方が確立されているだけに、時間がかかります

しかもあなたは新しい職場で、多くの気付きをするはずです。

「ここは業務改善できるのに…。」

「前の職場とは、やり方が違う…。」

40代で中心的存在の看護師であったあなたは、ついつい仕事内容に口を出したくなってしまうかもしれません。

しかし転職してきて間もない看護師の意見は、ほとんど煙たがられると思った方が良いでしょう。

仕事内容のギャップを埋めるのに時間がかかり、職場での居場所も失うとなれば、転職を後悔する可能性は非常に高いです。

初めから何でもできると勘違いされる

『40代の看護師=何でもできる』と勘違いされることで、教育体制を整えてもらえない可能性があります。

ただ、今まで経験のない分野の仕事であれば、知らないこともたくさんありますよね。

しかし40代看護師というだけで…

  • 早い段階から責任ある仕事を持たされる
  • 一人立ちが早すぎる

など、戸惑ってしまうような場面に遭遇するケースが多いでしょう。

給料が下がる可能性がある

当然ながら大規模な総合病院から介護施設へ転職すれば、給料は下がります。

精神面や体力面を考慮し、ゆとりのある職場への転職であれば、給料が下がることは、ある程度覚悟しておかなくてはなりません。

看護師が40代で転職するメリット

  1. 転職は優遇されやすい
  2. 基本的な知識・スキルが備わっているため順応できる
  3. 年齢を重ねているぶん、初めから患者様からの信頼を得やすい

転職は優遇されやすい

高齢化が進行する現代において、看護師の需要は高まる一方です。

どこの職場も人手が欲しい!

しかも即戦力となれる看護師であれば、尚欲しい

40代の看護師であれば、ある程度即戦力になることは可能ですから、転職時優遇されるケースは非常に高いです。

基本的な知識・スキルが備わっているため順応できる

仕事内容が全く違う職場に転職すると、初めは仕事自体を覚えることに時間がかかりますが、ある程度把握できれば、看護師としての基本は変わりません。

そのため、自分流の仕事の仕方に順応するスピードも早いでしょう。

40代看護師の応用力が活かされるということです。

年齢を重ねているぶん、初めから患者様からの信頼を得やすい

40代看護師というだけで、ある程度仕事ができる人と判断されるため、初めから患者様の信頼を得やすい状況で働き始めることができます。

実際にあなたが仕事のできる看護師であれば、患者様からの支持を受けるようになり、それがあなた自身の評価となります。

評価の高い看護師となれば、職場での立ち位置も少しずつ変わるため、中心的存在として、再び活躍することが可能になるということです。

看護師が40代で転職するデメリットを解消する方法って?

看護師が40代で転職するには、デメリットとメリットがあることがわかりました。

そうなると気になるのは、デメリットの解消方法ですよね!

まず、たとえあなたが仕事のできる看護師であっても、最初は低姿勢であることが重要です。

仕事内容に疑問を感じたとしても、そこはグッと我慢!

仕事ができる看護師と判断されれば、40代という年齢もあり、必然的にあなたの主張は通りやすくなります。

さらにあなたの印象は、『仕事ができる&それをひけらかさない奥ゆかしい看護師』となり、評価はうなぎのぼり!

『グッと我慢!』プラス以下のことに留意するのがポイントです。

  • 一生懸命学ぼうとする姿勢を貫く
  • わからないことは素直に聞く
  • 『誠実・ひたむき・真面目』を心がける
  • 派閥には所属せず、中立の立場を守る

この姿勢を保つことで、結果は自ずとついてきますよ!

また、給料面に関しては、いくら精神面や体力面に余裕があるからといって、生活レベルが格段に落ちてしまっては続きません。

あらかじめ今の給料からどれくらい下がるのかを計算し、生涯設計を立てた上で転職しましょう

給料面だけでなく、転職先のリサーチは大切!

40代の看護師で、まだまだ転職できる可能性はあるにしても、何度も転職を繰り返す人材を採用側も信用はできませんよね。

自分の希望に合った仕事ができ、長く働ける職場を選ぶ必要があります。

そのためのリサーチですから、慎重に行いましょう。

また転職先の候補は一つに絞らず、広い視野で検討することが大切!

これが40代の看護師が、デメリットを解消し、後悔することなく転職する方法です。

結論

  • 40代の看護師の転職はデメリットもメリットもあるが、転職は可能!
  • 40代の看護師は、デメリットを解消するための努力を怠らず転職すべし!

看護師が40代で転職する場合は、『転職コンサルタント』を利用しよう!

看護師が40代でいざ転職しようと思うと、次なる問題が…

「40代の看護師を優遇してくれる職場って、実際どこ?」

ということですよね。

そんなあなたには、『転職コンサルタント』がオススメです!

転職コンサルタントは、これまでの実績から40代の看護師を優遇してくれる職場の情報を持っています。

その情報をあなたに提供してくれるばかりか、職場側と独自のコネクションがあることから、あなたが聞きづらい質問や希望している条件についても、直接交渉してくれる場合があります。

転職についての悩みが一つ減るだけで、前向きに検討することができますよね!

40代の看護師が転職を考え始めることは、決して珍しいことではありません。

自分のこれまでの人生を振り返ったり、今後の人生を考えたとき、今の時期に転職をすることにメリットは必ずあります

ただ、デメリットがあるということも事実。

しかし、解消する方法があるということもわかりました。

これを機にあなたも40代での転職を前向きに検討し、後悔しない看護師ライフを送ってみてはいかがでしょうか!

オススメの記事

看護師の40代での転職に悩むあなたにオススメの記事をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください!

・「未経験者歓迎を求む看護師注目!あなたには変わらないモノがある!

・「職場に馴染めない看護師は、『誠実・ひたむき・真面目』で解決!

・「仕事ができない看護師からできる看護師へ!2方向からのアプローチ!

・「中途採用看護師にお得な情報! 失敗者と成功者には違いがあった!

おすすめの看護師転職サイト

【1位】ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

看護師の転職はナース人材バンクにおまかせ。簡単な情報を入力して登録すると、専任のスタッフがあなたのご希望を最大限に汲んだ求人を探し始めます。早めに登録しておけば、いざ転職するときに楽ですよ!

【2位】マイナビ看護師

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も実績のあるおすすめの看護師転職サイトです。ナース人材バンクと併用することで、より精度の高い求人を見つけることができるようになります。

この記事を書いた人

看護師 koharu

  • 取得資格:看護師
  • 出身:北海道
  • 年齢:36歳
  • 看護師経験:小児科、NICU、産科、婦人科、一般病棟、外来

このサイトの記事を書かせて頂いているkoharuです。看護師免許を取得後、周産期病棟を中心に約10年、その後一般病棟で約3年、外来で約1年の勤務を経験してきました。その間、転職は2回!夫の転勤を機に、現在は退職し、以前から第2の夢であった看護師ライターの仕事をしております。看護師は、今でも子供たちが『白衣の天使』と憧れる職業です。でも、そんな甘い言葉では片付けられない現状がありますよね…。ただ、もちろん素晴らしい職業であることに間違いはナイ!と自信を持っております。約15年の看護師経験の中で得た知識や情報・看護観を、皆様と共有できたら幸いです!

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる